せもっちの空手ブログ

空手などのことを中心にブログを書いていきます。

【空手】平安二段の使い方【形の用法】本来の形の使い方についての考察①[解説動画あり]

こんにちは、こんばんは、せもっちです(`・ω・´)ノ押忍!

 

今回は、前回に引き続き、わたくしの動画による空手の技の、ご紹介です。

今回は【平安二段】です。

みなさん、伝統派空手極真空手など基本移動稽古・形などを練習されるような空手を修練されている方には、必ずと言っていいほど【平安形】を行うと思います。

平安形といいましても、流派によっては、後屈立ちを猫足立ちで行うような、極真さんなどに見られるような形の練習方法もありますし、【平安】の読み方も【へいあん】であったり【ぴんあん】であったりすると思います。

ぴんあんの場合【平安初段】と【平安二段】を逆に習うことがあるそうですが、今回は、最も使われると思われます【平安二段(へいあん二段)】のほうの解説・練習方法になります。

 

桧垣源之助先生の著書によりますと、【前手は攻撃】と必ず書かれています。

前手で防御をしては、【空手の空手である交差法】を行えないからです。

むしろ、格闘技術においては、【前手での防御】はむしろ、基本的な技術体系ですらある昨今ですが、なぜに前手は攻撃なのか?

それは、今までにも何度か、ブログ内でも書いてきましたが、【交差法】を行うためです。

ボクシングでいうところの【カウンター攻撃】ですね。

これはもちろん、防御はほぼ不可能な攻撃となりますので、相手の攻撃する勢いと、こちらの空手の技とゆうものは【手打ち】とゆうものはなく、全ての技術体系が【拳による体当たり】といって良いものですので、相手の攻撃にあわせて、拳による体当たりを顎などにぶちかます、とゆう、大変にやられるほうにとっては、大変なことになるわけです。

では、実際に、桧垣源之助先生が言われるような、

【前手は攻撃】

とゆうことを前提として、実際の著書のなかでも紹介されているところはありますが、それにやや自分なりの解釈なども含めたものとなります。

では、こちら、またまたわたくし【グラサンマスクマン】での登場とゆうことで、申し訳ないですが、よろしくお願いいたします<(_ _)>汗    

     ・【平安二段】の本来の使い方・

いかがでしょうか(。´ー`。)押忍

船越義珍先生の、直径の孫弟子にあたるとゆう、いわば、船越義珍先生からの技術を直接伝えられた現代の数少ない名士の一人、と言える方の説明通り。

【前手は攻撃】

とゆうことをいかした場合、著書内での平安二段の説明でもありますが、こちらのような動作になります。

平安二段の後ろの手になるほうでは、受けをするわけですが、実際には、まっすぐな直突き以外にも

・力まかせの肩口の上あたりから振り回してくる【ケンカパンチ】

・武術・空手的に脇をしめてまっすぐと突き出してくる【直突き・正拳突き】

・ボクシングなどに見られるような【フックパンチ・鉤突き(かぎ突き)】

などのあらゆる顔面への攻撃に対応できます。

なぜかと言いますと、【パッ】と掌で捌くような簡単な受けではなく、体軸と肘部分が、一体化している、非常に強い受けだからです。

フックぎみに外から打たれても、掌での受けの場合、相手の肘部分を受けに行った場合、突破されやすいですが、しっかりと体軸をきかせて、上げ受け・外受け、のような技術を有効に使うことで、相手からの体重がドッシリと乗った、あらゆるパンチに対応することが可能になります。

実際に【全空連】系の空手家の方々は、たぶんおそらくですが、あまり、近距離による【フック】パンチなどを受けたことがないと思うんですが、掌での簡単な捌きでは、【フック】パンチを受けることはできません。

どうしても相手の【肘】部分を掌などで捌く形になるんですが、どうしても【肘からの曲がった曲線】が、こちらの顔面へと容易に伸びてきます。

つまり、フックパンチに対しては、しっかりとした簡単な掌の捌きではない

【体軸】をしっかりと生かした【基本】でさんざん練習してきたような受けの技術が必要になってきます。

 

では、相手のパンチを防御しました。

そこで、ボクシングのように、あえてまたそこから、逆のほうの手で、アッパーなどの攻撃をした場合【1・2】の攻撃、もしくは【1・2・3】のリズムの攻撃になってしまいます。

 

そこで、平安二段の最初の動作のように、後ろ手で相手の攻撃を防御すると同時に、前手で相手の【顎】などに攻撃を叩き込むことで、完璧な交差法での攻撃が、可能になります。

後ろ手で受ける、と書いてはおりますが、実際には、結果的に、最終的に後ろ手になるだけのことでありまして、最初から後ろにある手で受けるわけでは、ありません。

それは、動画を見ていただけましたら、すぐにお分かりになると思います。

 

平安二段などもそうですが、【平安形】にはまだまだ、おもしろい隠された使い型が、たくさん隠されています。

沖縄から本土へと空手が輸入される際の【秘密協定】ですが。

ぜひ、現代の我々の技術や知力・英知、そして想像力で、復活させてみようではありませんか!!

そして、おそらく、沖縄に本来伝わっていた空手の、形の用法そのものが、泊手那覇手、など複数の空手の流派に分かれておりましたので、形の解釈そのものが、そもそも一つではないとゆうことも、多いに考えられますので、そこもまた【空手は一人一流派】と言われる面白さでもあります。

特に、わたくしが思いますのは、【松濤観】の流派では、非常に形の用法が、あまりにも隠されているように感じます。

世界的に活躍されている【喜友名】選手などは、形の分解なども素晴らしく、【ムチミ(鞭身)】などの体をムチのように使い、スピードやキメを出すような技術を極めよう、とゆう、そうゆう練習をされているところを拝見しますと、やはり、喜友名選手は、素晴らしいな、と思います。

喜友名選手のムチミは、ご覧になられたことは、ありますでしようか?

全身の脱力からの、掌低打ちをスローで見せてくれた番組などもありましたが、素晴らしいですね。

本当に、全身の体軸がまるで、強靭なゴム、腕や手は、強靭なムチ

動く時は俊足であり、移動の後に技を繰り出す際には、まるで大木、いや、もう足腰が、金属のように固められています。

 

では、わたくし、文章力などもないものですので、いろいろとお話も飛んだりもしましたが、今回【平安二段】のほうの解釈、となります。

ぜひ、みなさんのお考えなども含めて、平安形を、ただやらずに、たんなる、【鍛錬】ではなく、実際に本当に相手を倒すための素晴らしい攻撃方法であるのだ。

との意識をもって、練習に励んでいただきたいと思います。

 

・ぜひ何度か拝見し、考察して頂きたい【平安二段】・

では、また最後に、【平安二段】のほうですが、できましたら何度か拝見して頂きたいな、と思いますので、再度掲載しました。

形の分解のヒントは、とにもかくにも

①【1・2】の挙動にならない!

②【前手は攻撃】!!

この二つを知っているだけで、かなり見えてくると思います。

 

では、今回はこのあたりで失礼いたします、<(_ _)>押忍!!

 

【空手】その場突き【全空連など】空手特有の腰の切り方【※動画解説あります】

こんにちは、こんばんは、せもっちです(`・ω・´)ノ

 

今回は、またまた基本に立ち返り、【全空連など】に見られますが、どちらかと言いますと古い【沖縄】のほうで大事にされている、体を鞭(むち)のように使う、【ムチミ(鞭身)】といったような体の使い方に近いものになると思います。

まずは、今回、とうとう、動画のほうを撮りましたので、掲載しようと思います。

では、どうぞ、よろしくお願いいたします<(_ _)>

いきなりの、怪しすぎるグラサンマスクですみません<(_ _)>

 

 

この動画で言わんとしていることは、【その場突き】(正拳中段突き)を行う際の、腰の切り方、とゆうことになります。

前半部分に少し、以前にブログに書きましたように、【背骨】を立てることについて書いておりますが、本題としては、腰の切り方と突き方、といった部分です。

 

体全体を固めて、突きを突いてしまいますと、空手特有の【キレ】が出ません。

どうしても、【グイッ】と押すような突き方になってしまいます。

武術や相撲などでは、それでよいと思いますが、空手にはキレがないことには、どうにもなりません。

スパーン!とキレのある動きを体得するためには

①0~100の力の入れ方をマスターする。

※最初から力を入れず、力を出すべき瞬間にのみ入れる。

陸上選手が走る前からガチガチに力んでいては、早く走ることはできないのと同じです。

30センチかそれ以上の定規をイメージしてみてください。

定規を思いっきりしならせて、そこから手を離すと、とてつもないスピードが出ます。

それを自分の体を使って行うような感覚です。

もし、定規がガチガチでしたら、しならせるようにした時点で、すでに【ボキッ】と定規は折れてしまいます。

そのようにならないように、体を柔らかく、最初は力を入れず、力を入れる瞬間のみ、0から100の力の入れ方をマスターするように、練習していきます。

②地面からの力を大事に意識する。

足が地面にしっかりとかみ合っているから、腰を回転させることができます。

何度もブログに書いてきたことなんですが、もし、地面が凍りのスケートリンクのように【ツルツル】でしたら、自分よりも頑強な相手を倒すような突きを出すことはできません。

なので、しっかりと地面を足で噛み付くように、構えることが大事です。

③腰の回転【キレ】をしっかり使う。

腰の回転【キレ】をしっかり使います。

腰の回転は、引き手をしている突き手と、腰の回転の初動(動き始め)が一体化(同時)してはいけません。

それは、【相撲】のような体の使い方となり、空手の腰の使い方とは、違うものになります。

腰の回転と、上半身の回転を一致させてしまうと、腰はどうしても、とてつもなく重たい上半身をいちいち、一緒に持ち上げるように回転させることになりますので、スピードもキレもでません。

 

④引き手をしっかりとる。

前回の記事でも、何度も書いてきたんですが。

引き手と、突き手のスピードは作用・反作用の関係にあります。

突き手が早ければ、引き手が早い。

引き手が早ければ、突き手が早い。

そのような相互関係があります。

なので、しっかりとスピードのあるキレのある、引き手を目指して練習を積み重ねましょう。

 

⑤背骨を立てる。

地面からの力を、腰の回転力から、肩甲骨へ、肩甲骨から肘、手首、拳へと力をスムーズに伝えるには、背骨が普段生活する時のように、自然なS字カーブを描いていては、いけません。

形などで、しっかりと技を決める際には、背骨までしっかりと立てて、地面からの威力を100%、拳まで伝えてあげることが大切です。

全空連の自由組手などでは、これをやってはいけません。現行している自由組手では、非常にスピーディな体の動きが必要ですので、背骨は、自然なS字カーブを保っているほうが動きやすく、背骨や神経を痛めることがあるからです。

自然にクッションの効いた【S字カーブ】状態の背骨にも、たくさん良い利点がありますので、色々工夫が必要です。

たとえば、走る時などですね。

 

⑥突き終わっている時には、腰は【正面向き】に戻ってないといけない。

突きが終わっている時に、腰や上半身が【半身】の状態になっていると、だめです。

半身の状態でも、有効な点もあります。

半身の状態で突き終わることによって、続いて突く二つ目の突きが、半身から半身、とゆう思い切り上半身を使うことができるからです。

ですが、空手では、基本的には【一撃必倒】の理念や、もしも、相手が倒れなかった場合、即座に突く、以外にも、相手がもう攻撃を繰り出してきている可能性もあるわけですし、相手が一人とは限りません。なので。

【正面向き】に戻る必要があります。

なぜ、正面向きになるのか?

これはわたくしも、まだまだ研究の途中ではありますが。

正面向きは、

【どんなことでもできる】。

どんな攻撃にも対応できる。

即座に防御でき、即座に攻撃できる。

即座に足を反転させ、体捌きをし、攻撃を捌ける。

即座に足を反転させ、後ろ、側面からの第二・第三の相手からの攻撃に対応できる。

とゆうことです。

車の運転で言いますと、どんなにゆっくりでも、一速に入れたままで、いきなりバックに入れるよりも、【ニュートラル】に入れておくほうが、より即座に動ける。

とゆうと、なんだか、ちょっと、違うかな、とも思いますが。

もっとも自然で、動きやすい状態が、

【正面構え】であり、常にその状態に戻る必要がある、とわたしは考えております。

正面向きをキープしないことの危険性は、NHKを普段つけて、【相撲の中継】を見ればすぐにわかります。

相撲でお互いに向かい合う際に、【横向きや、斜め向き】の人はいないし。

実際に当たる際にも【横向き・斜め向き】で当たる人はいません。

それはなぜか?

なんのかんのと言っても、【正面向き】こそが一番強く、安定しているから。

とゆう証明ではないでしょうか。

 

では、今回、初めて動画なども公開してみましたが、いかがでしたでしょうか。

あまり、人様に顔をどんどん出していくタイプではないものですので、グラサンマスクマンとゆう形での、登場でしたが、何点か動画を取りましたので、また、グラサンマスクか、はたまた、なにか違う格好での登場となると思いますが、よろしくお願いいたします。

では、今回、このあたりで失礼いたします<(_ _)>押忍!!

【空手】全日本空手道連盟【都道府県レベル】小学生の部で入賞を狙ってみる!【連載①】

こんにちは、こんばんは、せもっちです(`・ω・´)ノ

 

あまり、武術的なとゆうか、武道的な、とゆうか、そうゆうあまり直接、全空連の大会の成績と直結してないような内容のものなどは、あまり注目されないようですので(゚д゚; )ナヌゥ!!

今回は、

全日本空手道連盟】小学生の部【都道府県レベル】の大会で入賞を狙う!!

でいこうと思いますъ(`・ω・´)!!!

 

わたくし、あまり、全空連の組み手のほうは自信がないものですので、のほうで書かせて頂きます<(_ _)>

 

まず【形】を上手にするためには、どうしたら良いのか?

そのためには、【基本移動稽古】が、しっかりとできてないと、まずはお話にすらなりません。

全空連以外にも、極真さんなどの道場でもそうですが、どこの道場でも、基本移動稽古はみっちりやります。

【基本移動稽古】には、上半身の技を、下半身の【移動】とゆう要素と、融合、組み合わせて、さらに上半身から出される技などを、より【力強く・スピーディー】に行えるようになる要素が満載です。

※以下【基本移動稽古】→【基本移動】がしっかりできる人は、ただその場で突くよりも、強く突けるし、強く蹴れるし、強く受けれます。

下半身の移動するスピードが上乗せされるから?

とゆうのも、少しだけありますが、足を高速で移動することによって、足だけではなく、腰(骨盤)が高速で回転します。

骨盤が高速で回転する、とゆうことは、骨盤に乗っている上半身が、背骨のようないわゆる【軸・体軸】といわれる軸が、より高速で回転することになります。

その高速な軸の回転力を、そのままうまく、技に乗せるわけです。

そうすることによって、あらゆる【突き・受け・蹴り】技を、より強く・スピーディに繰り出すことができるわけです。

移動する際に、ただ足を高速で進ませてはダメです。

特に初期のころは、しっかりと地面(床)を踏みつけるように、力強く踏み込まないと、いつまでたっても、足の推進力と腰(骨盤・体軸)の連動が、できません。

足の踏み込みと、腰・体軸の連携ができないと、

【足の移動は早いのに、なんだか受けやら突きやらの、タイミングが合ってない】

【足は速いのに、突き・受けは遅い】

【足は力強いのに、突き・受けは弱い】

とゆうようなことが起こってきます。

 

しっかり連動ができていれば、足の移動が早い選手、とゆうのは、正直にわたしが思うところ、貴重な存在です。

足の移動とゆうのは、非常に難しく、まず【踵(かかと)】が上がったらダメ、とゆう要素があります。

そして、腰・頭などの全体的な【高さ】が一定でなければダメ。

移動のたびに、腰・頭の高さが変わっていると【よっこらしょ】感が出てしまいます。

わかりやすく言葉で説明しますと、移動の技も、全て【1】の動作で行わないといけません。

ですが、頭・腰の高さがかわり【よっこらしょ】の移動・突き(受け)技、をやっていて、いつまでも、何年たってもやっている人は、どうしているかと言いますと。

【よっ(1)・こら(2)・しょ!(3)】

の、3挙動になっています。

この、一つの技を3挙動である【よっこらしょ(1・2・3)】でやっている人は、あらゆる全ての技を【よっこらしょ】でやってしまいます。

まずは、この【よっこらしょ】を消す作業が必要です。

 

  ・【よっ(1)こら(2)しょ(3)】を消す・直す!!・

まず、手技を見てみましょう。

前屈立ちになってみましょう。

そして、左足が前の右前屈立ちを作り、左手を中段突きの位置に、これから突く【右手】をしっかりと握って、突く準備をします。

         ・実際の突き方・

では、前屈立ちで、右逆突きをします。

どうでしょうか?

【よっこらしょ】の【よ】で突けてますでしょうか?

【よっ】ではダメです。

よっで突いているくらいのスピードでは、全空連の全少予選である、都道府県レベルの大会での入賞は無理です。

【よっ】の突きになっている人は、気をつけてみるべき箇所が、たくさんあります。

 

・【よっ】などのモーションのある突きの人の特徴・

①ガチガチに力が入っている。

②腰をまったく使っていない。

③引き手をうまく使えてない。

④拳をガッチガチに握っている。

⑤足腰に力が入ってなく、ぷらぷら~としている。

⑥腹に力が入ってなく、ぷらぷら~としている。

⑦肩が上がっている。

⑧脇が開いている。

⑨肘が開いている。

 

まず、①ですが、ガッチガチに最初から力が入っていては、スピードは出ません。

空手は特に全空連は【0から100】と言われているように、まったく力が入ってない、リラックスした脱力した状態【0】から、一気に爆発的に【100】の力・スピードを出すことで、あらゆる技を繰り出します。

これが、最初からガチガチの最悪【100から100】のような技の出し方では、力は出るかもしれませんが、【スピード】はまるで出ません。

難しいレベルの言葉ですが空手には【ムチミ(鞭身)】と言われるからだの使い方があります、体を鞭のように、しなるように使うことです。

最終的には【形選手】は、これを極めるように練習していくことになります。

ですので、ガッチガチに最初から力が入っているようでは、とても、都道府県レベルの大会で勝ちあがっていくことは、できません。

 

②の腰を使えていない。

ですが、これは、むしろ道場ではやたらと「腰を入れろ」と言いすぎている部分もあるのではないかな、と思うこともあります。

腰は、あまりダイナミックに振らなくていいと思います。

軸足からの力を使って、引き手にあわせて、タイミングよく腰をほんの少し切ってやるだけで、とてつもないスピードと、技の強さが出ます。

それを、やたらとダイナミックに腰を振り回すと、だめになってしまいますので、気をつけたいですね。

大きく腰を切るよりも、ほんの5センチでも、鋭く一瞬のキレを出して、腰を切ることが大切です。

そして、腰を切る際に、まだ手を動かしてはダメです。

腰を切るのと同時に、突き手を動かしてしまうことは、結局は、腰の回転を何一つ使えてなく、ただ、突きを出す時に、腰もなんだか前に出してみましょう。

とゆうことになってしまいます。

じっさい、そうゆう少年の子供らはよく見かけます。

しっかり瞬時に、一瞬で腰を切ってから、その腰を切りきった時のスピードや爆発力を使って、初めて腰にあてている突き手を、腰から離し、突きを打ちます。

 

③の引き手をうまく使えてない。

引き手なしで、腰を切ろうと思っても、無理です!

もちろん、突かないなら腰を切ることはできます。練習などで行う分には良いと思います。

ですが、腰を切る爆発力を使って、突きたいなら、引き手を強く引くことが絶対に必要不可欠です。

腰や体軸は、木で言えば、幹です。

突き手などの手は、木で言うと、枝です。

どんなに強靭なる腕をもってしても、胴体よりも腕が重たい、なんて人はこの世にいません。

突き・受け・蹴りなどの技は、全てが【体重の発射】です。

なので、まずはどんなに腕に筋肉がたくさんついていても、体幹【胴体】の重さには、かなわない、胴体の重さを使った技のほうがどう頑張っても、重たい腕を振り回すよりも、強いし早い、とゆうことを理解しないと、武術的な空手的な突き方は、理解できません。

ただ、前のめりになって、拳に体重を乗せながら打つような、フルコン空手などでよく見られるような突き方では、形の大会では、勝つことはできません。

 

で、体軸が【幹】、腕が【枝】とゆうことを理解した上で。

腰の回転を【幹】そのものの回転。

つまり、巨大な【大木】巨大な木が、中心からゴワーっと回転しました、とゆうことですね。

それと比べて、腕だけでの突き、とゆうものは、巨大な大木の、【幹】の部分がなにも動かないで、そのへんにたくさん生えているほかの【木】よりも、太く自慢の、【枝】を必死に振り回している状態です。

どんなに立派な腕をしていても、【枝】だけの回転力などの攻撃が、巨大な【木そのものの幹】の回転力に、敵うはずがないことは、すぐにわかると思います。

 

なので、まずは【幹】である【体軸・腰】をしっかりと回転させます。

そして、枝である【手】は【木そのもののについている枝】です。

手は枝です。

なので、枝は、一つ一つ、別の動きはできません。

木に生えている枝は、一つ一つ、別の動きができないのです。

なので、右手で突く場合、必ず、反対のほうの枝である、左手の引き手が必要なのです。

 

歩いてみてください。

まず、右足から歩いてみましょう。

するとどうでしょうか!

左手が、かってに出たと思います。

次に、二歩目、左足を出す時、かってに右手が前に出て、左手は後ろに下がったと思います。

これを繰り返すと、後ろに引いたほうの手が

【引き手】であり。

前に出たほうの手が

【突き手】。

とゆうことになります。

これが、前屈移動による逆突きの原理です。

今度は、早く歩いてみてください。

足が速くなりますと、右手・左手の前後するスピードも、かってに、自動的に上がりました。

今度は、走ってみます。

どうでしょう。

かってに、足にあわせて、右手と左手も、同時にものすごい速さで、ものすごく力強く、前後に移動しています。

これが、基本移動・形などで、

【足が遅い人は、手も遅い。手が遅い人は、足も遅い】

とゆう状態になります。

 

むしろ、歩いたり、走ったりしている人に、右手と左手、手と足の動きを、まったく関連なく動かすほうが、よほど難しいと思います。

これを、空手では、基本や形での動作に、利用します。

【引き手】は走っている時に、後ろに引くほうの手。

【突き手】は、走っている時に、前に出るほうの手。

このように、引き手のスピードと、突き手のスピードは比例関係にあり、引き手が早ければ突きも早く、突きが早ければ、引き手も早い。

とゆうことがいえます。

関係のないお話を少ししますが、じつは、ボクシングなどの格闘技にも、立派に引き手は存在します。

ボクシングでは、両手を顔の前に構えますが、じつは、突きを打つ時には、顔を守っているほうの手は、しろうと目には、まったく動いてないように見えますが、じつはしっかりと、全力で【グッ!】と締めています。

そして、ワンツーなどの攻撃の際にも、ワンを突く際、片方の手は顔の前にありますが、しっかりと脇をしめて、力を入れて、引き手と同じような力の出し方をしています。

そして、続くツー(ワンツーの二つ目の攻撃)ですが、これはもう、完全にワンを突いた手を、顔に戻す動作の際、ガッチリと脇と肘をしめ、突き手と入れ替えるように、顔にワンを戻しながら、ツーを突きます。

これはもう、空手のように

【腰に手を引くのか?顔に引くのか?】

だけの違いであり、突き手の反対側の手の使い方は、あらゆる打撃系格闘技で、じつはまったく同じ、とゆうことがいえます。

ボクシングでは、引き手をしない??

そんなことはありません。

むしろ、引き手を顔の前にとっているだけで、ガッチリと、ものすごい力とスピードで、引き手をしています。

引き手の強さ・スピードこそが、突きの強さ・スピードになるからです。

 

そのように、引き手が、いかに重要であるか、おわかりいただけると思います。

 

ちょっと、長くなりましたので、今回もちょっと、

連載①

とゆう形にしようと思います<(_ _)>

 

しっかりと理解しつつ、練習に励むことで、必ず都道府県レベルの大会で入賞できると思います。

わたしの子供らも、道場の日以外にも、わたくしと合わせて週5~6回練習していましたが、形の部(全空連)の都道府県レベルの大会で、メダルを頂くことができました。

 

では、連載、第②回へ続きます<(_ _)>押忍!

 

【空手】全空連の技【手刀受け】と外受けの実戦的な隠された用法!

こんにちは、こんばんは(^_^)

 

今回は、全空連に見られる【手刀受け】について、考えてみようと思います。

空手を習いたてのころ、まずは【上げ受け】を習ったと思います。

次に【外・内受け】を、そして、【下段払い】を習ったと思います。

この一連の、相手の攻撃に対して、

①上方向に受け流す【上げ受け】

②内側に受け流す【外受け】

③外側に受け流す【内受け】

④蹴りや下突きなど下腹への攻撃を、外側に受け流す【下段払い】

この四つを全て習得しますと、上下左右の方向に対する受けが習得できるわけです。

 

が、五つ目の受け技として、必ず習得しなければならないのが

⑤【手刀受け】です。

これは、受けの方向性としては、【内受け】に近いといえます。

内受けとの違いとしては、基本的にたち方が【後屈立ち】であること。

内受けが、脇の下に構えてから受けるのに対して、手刀受けは、顔の横(耳のあたり)まで、手を開手(手を開く)の状態で引き寄せ、中段への攻撃を、外側へと払うとゆうものです。

中段への攻撃を、外側へと払う、とゆう意味合いでは、内受けを手刀に変えたようなものでもあると思います。

 

全空連における、この【手刀受け】ですが。

どうしても、子供らの動きなんかを見ていると思うんですが、顔の横へ受け手をもってくる動作が、小さいんですね。

とくに、我々のように松濤観のものは、動作が大きくないといけませんので、鎖骨あたりまでで、寄せ手が止まってしまっていると、どうしても、手刀受けとゆう技が、小さくなってしまいます。

なので、手刀受けは、しっかりと、顔の真横、耳の横部分まで引き寄せて、それからしっかりと肘も使って、大きく受けるようにしないといけません。

手刀受けは、手刀(てがたな)、と書きますので、どうしても手の横部分で受けなければならない、とゆうような意識が働くためか

ピラッ

と、手の平をまるで、踊りのように

ピラッ

と受ける人がよくおりますが、そんな、手首のスナップだけの技では、受けることも、攻撃することも、できないよ。と思ったりしています。

しっかりと手首を固めて、前腕全体を使って、肘を大きくななめ下方向に、たたきつけるように受けないといけません。

 

手刀受けを素早く行う秘訣は、いろいろあると思いますが。

まず、顔の横への寄せ手、これがノロ~っとしている人がいます。

この受けの前段階の、寄せ手がノロ~っとしている人は、形などでも全てのあらゆる技の動作においての寄せ手が、ノロ~っしています。

空手は、1にも2にもスピードがなにより大切なので、寄せ手も技の一つなんだ。

としっかり意識して、スピードをつけて練習して頂きたいです。

 

寄せ手もそうですが、寄せ手の反対側の手ですが、つまり、【けん制】といわれるほうの手ですが、この手も、しっかりと受ける方向に向けて伸ばし、かつ、スピードがあり、伸ばした瞬間にダラーンとせずに、しっかりとキメる必要があります。

この【けん制】の手が、しっかりとせずに、ダラーンとしている人がよくおりますが、非常に見た目が良くないですね。

 

けん制している方向に、動作するわけですので、しっかりと【目付け】も行わないといけません。

次に動作する方向を、しっかりと見る、相手がいることを想定しての形ですので、まず見ないことには、どうにもなりません。

 

手刀受けでは、寄せ手を顔のあたりまで持ち上げる必要がありますが、この際に、手を持ち上げることになりますので、どうしても、肩が上がってしまいやすいので、肩が上がらないように気をつけたいですね。

肩が上がってしまうと、足や腰からの連動する力が、肩甲骨が上がるので、独立してしまい、伝わりません。

足が全身する力やスピード、足を90度踏み変えた時に同時に回転する、腰が回転する力、腰が回転すると、背骨が回転する、その回転する力やスピードを、ころさないためには、肩を上げないように日々練習する必要があります。

肩が上がってしまうと、我々アジア系の武道・武術であるからだの使い方ではなく、西洋風の、肩まわりの回転力で攻撃することになりますので、本来の空手とは、違うからだの使い方で練習をしていくことになってしまいます。

 

ボクシングなどは【肩周り】の筋力を十分に出して、威力・力・スピードを出していく【上半身重心(ハイコア)】の格闘技であり。

空手は【足・腰】を使った、地面からの作用・反作用を使った【下半身重心(ローコア)】の格闘技術です。

どちらがより強いのか?

とゆうことは、永遠に誰にもわかりません。

空手もボクシングも、柔道もレリスングも、どれが最強なのかとなりますと、その時、その年代における最強の人は、いつでも違うわけで、その時最強の人同士を戦わせれば、わかるんじゃないか?

とゆうのも、また間違っているように思います。

どの格闘技が最強なのか?立ち技なのか、寝技なのか、関節なのか、それはもう遥か太古のコロシアムの時代からのテーマだそうなので、わたくしの個人的な意見としては、【徹底的に本当に人生の全てをつぎ込んで、日々毎日の練習に、命をかけて、鍛錬した人は、強いだろうね】とゆうところです。

 

とゆうことで、空手は、特に形においては【低重心(ローコア)】で行う必要があります。

【手刀受け】とゆう技も、もともとは形のなかにあった動作を、切り抜いたものです。

今、現行している、あらゆる【基本移動稽古】に使われている技は、基本的にはほぼ全ての技が、【形】から取られています。

形でもっとも良く使われる動作を、まずは【その場基本】練習で習得し、次にその場基本練習で習得した技を、動きながらやってみよう。

とゆうのが【移動基本稽古】なわけです。

その次に、ようやく形に入るわけですが、基本の練習の時点で、形でよく使われる、上げ受け・手刀受け・打ちうけ・下段払い、などは、もう習得していますので、あとは足の動作を覚えれば、すぐにできるような練習形態になっているわけです。

 

上記の受けのなかに、外受けがありませんが。

なにしろ、形とゆうものは100以上もの種類があるそうなので、なんともいえませんが、形のなかに【外受け】の動作が出てくるものは、あまりないように思います。

もっともよく登場するのが、上げ受け・手刀受け・下段払い、そして内受け、です。

 

僕個人の考えとしましては、外から内側への動作、とゆうものは、いったん手を体から外側に離してしまうわけですので、あまりにも危険ではあると思います。

外受け、とゆう形態ではない外側からの受け、外側から内側への打ち、とゆうものは、あって良いと思います。

外受けの動作をコンパクトにして、手を開いて受ければ、いつもの組み手に使う基本的なサバキ技になります。

うーむ。なにか、あっただろうか・・・外から・・・体の中心部分へ腕をもってくるような動作の形の動きとゆうものが・・・。

わたくしは、外受けは、【受け】とゆう概念から離せば、非常に使える、すぐれた武術的な、本来の空手的な技として、優秀であると思っています。

 

一つの使い方として、外受けの攻撃的な使い方として、攻撃してきた相手の手をつかんで、外側から相手の伸びた腕の、外側から外受けを叩きつけて、相手の肘を折る。

とゆう、まあ、カッコイイですけれども、なかなか、簡単にはできないと思われます。

もちろん、達人でしたら、簡単でしょうけども。

これはもう、上げ受けで相手の肘を折る、とゆうのとほぼほぼ同じ概念であり、いずれにせよ、難しいといえると思います。

 

  ・手刀受け・外受けの隠された用法・

 

わたしの現在の考え方ですと、こうです。

けん制は、もちろん【受け】です。

体捌きと並行して、相手の攻撃を、流すように受けるのが理想です。

けん制で受けます。

普通に手の平を開いて自由に受ければよいのです。

相手の本気度を見るのも必要です。

ボクシングなどをかじっていて、ジャブのような真似事をしてくる可能性もあります。

ですが、人間、本当に、人間をぶん殴るほどに激怒していたら、ジャブなどしません。

引き手もしませんね。

基本的に、本能的に、手をぶん回しますよね。

それを、捌きます。

両手で捌くようにする、のが理想です。

※受け手と、もう片方の手は【そえ手】のような状態です。

体捌きと並行して、受けます。

開手で自由に受けますね。

そして、できたら相手の腕をつかんで制圧したいですが、なかなかできません。

どうするか?

すぐにつかまずに、相手の拳がトップスピードの時に掴(つか)もうとしない。

受け流して、そこから30センチも拳が進めば、もう威力はありません。

そのあたりで、ある程度、相手の腕に手を乗せている程度でも良いし、つかんでしまっても良いと思います。※引っ掛ける程度でも良いです。

そこで、ある程度、腕や服や袖をひっぱるでもするとさらに良いですが。

その以前に相手の重心はある程度、崩れているので、相手の肩口などに、相手の攻撃してきた腕と重心を制圧している状態で、

例:相手の右パンチに対して。右手で、外側に、体捌き(右足を引く)して捌いた。

捌いたあと、捌いた手で、相手の腕を流しつつ重心を制した。 

その場合。

左手での【外受け】を相手の背中側の【肩口】に、一歩、前屈立ちで進みながら、乗せます。

前足は、相手の前に、外受けは、相手の背中側からです。

受けた手は、そのまま引き手になり、相手を制する手が、外受けになります。

 

攻撃を捌いた時に、相手の腹側になった場合ですが、どうしましょうか?

これも同じです。

例:相手の右パンチを、正面向きで左手で、外側に避けた。

 

同じく、前に一歩進み、今度は相手の【胸】のあたりに【外受け】を乗せてやります。

この時、外受けなどを乗せる方と、反対側に、自分の前足を入れてやる必要があります。

※そのためにも、前屈立ちである必要があります。

腕を制圧され、重心も崩している相手は、こちらの前足が邪魔になり、簡単に倒れます。

しっかりと、重心ののった、いい前屈立ちを作ると理想的です。

 

そして、相手の攻撃を捌いたあとに、上記と同じ動作で、外受けを相手にいれにくい場合があります。

相手がすでに倒れかかっている、前のめっている、などです。

この場合、前のめっている相手に、わざわざ前から後ろに起こしてやる必要はありません。

つまり・・・

おわかりでしょうか??

 

 

あれです!

 

 

そうです!!!

 

 

ここで、【手刀受け】です!

 

相手の攻撃してきた腕を捌き、腕と重心を制圧したあと、相手が前のめりになっている、倒れかかるような状態になっている場合。

そのまま外受けをして、相手を起こしてやる必要はなく、自分の手を、自分の顔の横に持ってきて、そのまま相手の背中に乗せてやれば良いのです。

たち方は、前屈立ちです。

手刀受けは、後屈立ちでないとダメなんだ!

とゆうように考えてますと、どうしても理解が進みません。

 

受け捌く際には、相手の拳が、トップスピードの時に、【掴(つか)もう】としても、無理です(達人除く)ので、失速する瞬間を捉える練習が必要です。

 

ここで、実際にやってみるとわかるのですが。

片手で受けてしまった場合、結局は反対の手で、パンチをする以外、あまり方法がないんですね。

なので、両手で受けるか、もしくは反対の手を【そえ手】します。

受け手のすぐ近くに、反対の【そえ手】があると、攻撃を受けた場合のポジションが良くなかった場合。

相手の、右のパンチを左手だけで捌いてしまった。

これはもう、右のパンチとか、蹴りなどの攻撃しかないですが。

【そえ手】があると・・・・

 

うーーーむ・・・・

 

書いても・・・・

 

良いのかこれ・・・・

 

 

いやいや・・・・

 

 

ダメでしょ・・・書かなきゃ・・・

 

 

日本の空手バンザーイ!!

 

書きます。

 

【そえ手】ですが、これは、【受け手】にて捌いた相手の攻撃に対して、ポジションが悪い、理想的でない場合。

例1:

相手が、右のパンチをしてきた。

こちらは、左手で内側に受け、かつ、右手で添えるようにして、しっかりと受け、捌いた。

止めるようにせず、体捌きし(右足を引いた)、相手の重心と、腕を制した。

この時の状態では、前手で受けているので、前手で相手を制しているので、前手は使えない。

ので、

そえ手している右手に、相手の腕を、持ち替えます。

左手で受け、瞬時に、相手の腕を右手で制する状態に切り替えます。

ここで、【けん制】と言われるほうの手で60%受け、さらに反対の手で受け替える【本来の受け技】ことによって、一瞬両手で受けることにもなり、100%しっかり受けられます。

 

     ・受け替えの仕方・

①受けやすいほうの手で受ける(反対の手も近くへ)。

②さらに反対の手も使って、一瞬両手で受ける形になる。

③そのまま、反対の手に受け替える。

 

そうすると、左手は自由になります。

あとは、一歩前に出て、相手の肩口・背中などに【外受けなど】です。

 

      ・手刀受けの場合・

手刀受けの場合ですが、手の形ですが、手刀でなくて大丈夫です。

むしろ、手刀受けの動作を考えてみてほしいのですが。

中段に添えている手は、相手の腕かなにかを引っ張っている。

そして、受け手の【手刀】は、手刀とゆうよりも、

何かを抑えているように、見えませんでしょうか。

この手刀受けの、手刀の手は、相手の重心を制し、相手を上から抑えているように、わたしは思います。

なので、実際に用いる場合には、手のひらや、腕全体で、相手を上から押さえつけるようにすると、良いと思います。

全ての技が、手先だけで行う技はなく、指先から前腕全体を使うものだと考えられます。 

 

わたくし個人の考えではありますが、つまり、

【けん制→受け】

の動作とゆうものは、受けからの、持ち替え(受け替え)。

の要素が含まれているのではないかな、と考えています。

たいていの形の動作において、けん制から受けに繋げる動作は、瞬時に行います。

受けたあとのポジションが理想的であるなら、受け手の、受け替えは必要ないが、理想的でないなら、受け手の受け替えをすれば良い。

 

受け替えをせずとも、相手の重心を崩すための前足を、相手の前に入れるのか、後ろ側に入れるのか、でも違ってきます。

左手で受けた場合に、右足を前に進み、右手を使って行う方法もあります。

 

・空手とゆうものは、本来、形しかなかった。

・形のなかに、必ず出てくる、受けの前の【けん制】と言われる動作。

・けん制から、受けの動作は、瞬間的に。

・どんな受け技にも、必ずけん制がある。

 

けん制こそが、受けである。

そう言えるのではないでしょうか。

まだまだ、形のなかには、秘密が隠されております。

いろいろ考えてみますと、おもしろく、空手の奥深さがわかりますが、道場などで、隠された空手のお話をすることは、おすすめしません。

ごうに入らば郷に従え、とゆう言葉もあります。

隠された空手の用法は、現行の競技空手のなかでは、必要のないものだからです。 

 

では、今回。このあたりで、失礼いたします<(_ _)>押忍っ!

 

空手【1意識以下の攻撃】①相手に気づかれずに攻撃するには?

 こんにちは、こんばんは、せもっちです(・ω・´)ノ

 

空手において、先制攻撃をするためには、どうしたらよいのか?

いろいろな答えがあると思います。

まず良く言われる、

①後の先

いわゆるカウンター攻撃。

攻撃してきた相手のさらに先を読むことで、攻撃をかわしつつ、攻撃を入れる方法です、これは基本的にどうしても避けることは、できません。なので、成功すれば、確実に先制攻撃ができる、とも言えます。

②先の先

相手の攻撃する瞬間を読んで、相手よりも先に攻撃を打ち込むこと。

相手の動きを読み、相手よりもさらにすばやく攻撃を行うことです。

かなりのスピードが必要になってきます。

組手なれする必要もあると思います。

 

ほかにも対の先など、いろいろとあるようですが、空手の基本となるのはこの二つだと思います。

①の後の先は、初心者のうちから組み手練習をするようになれば、自然とどちらの道場などでも練習すると思います。

伝統派空手でいえば、相手の上段刻み突きに対しての、中段逆突き、などです。

相手が上段への突きを出してきて、それに対して、前の手で捌くと同時に、反対の手で相手の中段への攻撃を入れることで、カウンター攻撃を取る技です。

全空連では、わりとポイントになりやすい技だと思います。

上段突きのように、顔や頭を振ることで、かわしにくいので、うまく相手の攻撃を捌いて、低めに中に入ることができれば、わりと入るのではないかと思います。

 

②の先の先は、相手の動きを常に見ている必要があります。

相手の小さい挙動に反応し、先に攻撃を加えるわけですが、相手もフェイントなども使ってきますので、まだ間合いに入っていない状態などで、相手のフェイントで、中途半端に突っ込んでしまうと、やられちゃうわけです。

 

このように、必ず、

【先】

とゆう言葉が使われます、先に攻撃を仕掛けたほうが、いわゆる【先】になります。

それでは、【先】をすると負けてしまうのか?

といいますと、実はそうではないわけです。

こちらから、まったく攻撃をせずに、カウンターばかりを待っていると、【指導】が付いてしまうことにもなりますし、相手にも「こいつは、カウンターばかり狙っているな」と読まれてしまいます。

読まれてしまうと、相手はどんどんフェイントをかけてきます。

カウンターを仕掛けることのみが得意技である場合、カウンター攻撃が中心であり、待ちのスタイルであることがバレてしまうと、念入りな【フェイント】を行ってきますので、簡単にはカウンターは決まらなくなるわけです。

 

では、ここらでようやく本題ですが。

    ・気づかれずに攻撃するには?①・

とゆうことになるわけですが、そんなことができるなら、誰でも最強になれるだろう?

まさに、その通りです。

相手にこちらの攻撃が、まったく気づかれることなく、一方的に攻撃できるとしたら、これはもう最強であり、無敵です。

では、こんなことが可能なのか?

とゆうことですが。

現在のわたしの技術や気づきのレベルで言える範囲内のことですが。

【間合いや、タイミング次第では可能】

とゆうことです。

間合いについて言いますと、どんなに【ノーモーション(モーションゼロ)】の攻撃であっても、全空連のように、遠間が基本になる組み手形式ですと、まず、どうしても

【間合いを詰めるモーション】

が、どうしても必要になります。

どんなに肩・肘・頭・目線・腰の上下・などなどいろいろな相手に気づかれるモーションとゆうものはありますが、それらに気をつけても、遠間でお互いに構えている場合には、相手にどんなに素早く近づいても、どんなに一瞬のスピードで間合いに入っても、間合いに入っていく、とゆうことそのものが【モーション】となってしまいます。

なので、どんなにとてつもないスピードをもった選手であっても、間合いを詰めるとゆうことそのものを【ゼロ】にすることは不可能なので、どうしても間合いを詰めることが【モーション】になってしまいます。

全空連の選手は、この、【間合いを詰める】とゆうことを徹底的に突き詰めるわけですが、本当にトップの選手であっても、

「今から上段突くから、交わしてみて」

となった場合、そんなにとてつもない技術のある人でなくても、かわすことは可能なわけです。

全空連ではどうしても相手から【2メートル以上】

※自分と相手の重心(中心軸)から、お互いに前手を出して、その前手同士がぶつかり合わない程度の、最も多く見られる間合い。

程度の間合いを取りますので、どんなにノーモーションを極めても、一瞬で間合いを詰めることを、何年も何十年もかけても、モーションを【ゼロ】にすることは、不可能です。

 

人間は早い人になりますと、100メートルを10秒以下で走るわけですので、それは1秒に換算しますと

【1秒=10メートル】進むわけです。

つまり、

【0.1秒=1メートル】です。

人間は、0.1秒あれば、1メートルもの距離を進むことができるわけです。

もちろん、走り出したすぐ直後にこのスピードになるわけではないですが、このくらいのスピードが可能なわけです。

【0.01秒=10センチ】です。

0.01秒に反応できる人間は、この世にはいません。

ですが、こちらが先に動作した場合、

0.01秒あれば、10センチ【拳】を移動できるわけです。理論的には。

0.05秒であれば、50センチ【拳】が移動。

これがもし、相手に手が届く距離だったら、どうでしょうか。

自然に、まったく敵意なくお互いに構えていた場合、スッと10~20センチも一歩足を踏み出して(0.1秒以下で可能)。

それとまったく同時に、まったくのノーモーションで【拳】を最速のスピードで移動(攻撃)させた場合。

およそ

【0.05秒】以内に相手の間合いに入り、それと同時進行で。

【0.05秒】以内に相手の顎(あご)を突き上げることが可能です。

 

そのようなスピードで【先】に攻撃された場合、捌く・かわす、ことは不可能です。

これはもう、どんな達人であっても、よけられません。

ですが、これは

【相手が目の前にいるようなケンカのような状態】

の場合の話であって、全空連の組み手試合などでは、間合いが遠いので、どうしても【先】をとった場合[2メートル前後]の間合いを詰める必要がありますので、やはり、モーションをゼロにすることはできないし。

相手が近づいてくる、とゆうことそのものが【モーション】ですので、上記にあるような【0.05秒】での攻撃など、まったく無理です。

なので、全空連では、モーションを消す動作の徹底的な練習以外にも、とてつもないスピードで相手の間合いに飛び込む練習が必要になります。

足腰は、重たい上半身を支えていますので、重たい上半身を、相手の間合いまで必死に運ぶ必要があります。

なので、足腰の走りこみによるスピードアップ以外にも、ウェイトなどの筋力そのものの増量も必要でしょう。

そのように、必死に必死につきつめても、間合いをゼロにするほどのスピードは、出すことはできません。

 

たとえば、とてつもないスピードの全空連の選手がいるとします。

誰もかなわないくらいに、幼少のころから、徹底的にスピードを突き詰めて、上り詰めたトップ選手のような方です。

        ・では、ここで実験をしましょう・

その選手の方に、素人(しろうと)の方々を集めて、1~2メートル離れたところに立ってもらいます。

①選手の方は、自由に構えます。

②素人の方は、一人ずつ、2メートル程度離れたところで、自由に構えます(ただ立ってもどんな構えでもOK)。

この二つの条件下で、選手の方に、【上段突き】を打ってもらいます。

条件として、この上段突きは、一度しか突けません。

当たったら、選手の勝ち。

交わしたら、素人の方の勝ち。

とします。

これ、どうでしょうか。

どう、思われますでしょうか??

 

わたしの考えですと、普段まったくスポーツをしていないような人などは、当たってしまうかもしれませんが、普段、野球やサッカー、テニスなどのスポーツでもしていれば、たいていの人は、かわしてしまうと思います。

これは、回数を増やせば増やすほど、かわす確率は上がります。

どんなに選手がモーションをつけずに攻撃していても、多少はどこか動いてしまうからです。

最初はギリギリ当たってしまっていた人も、

「あ!」

と思うタイミングがあると思います。

具体的には、肩の上下であったり、頭の上下であったり、ヒザの屈伸の動作であったり、目であったり、表情の変化であったりなど、いろいろあると思いますが、おそらく、なにかに気づきます。

もしかすると、そのなにか、は、説明できないかもしれません。

かわすことができた、素人の方に質問すれば、おそらく、

明確に「肩が動くのが見えた」「頭が上下した」など、明確な説明をする人もいると思います。

そして、他にも多数の方が「なんだか、肩が動いたような気がした」「目か顔付きのようなものが変わったような気がした」など、あいまいな意見だと思います。

さらに多数の方の意見として

「よくわからないけど、来ると思った」

これが、かなり多いんではないかな、とわたしは思います。

本当に一瞬の出来事なので、どこがどうなったから、かわしました。

とはなかなか、ならないはずです。

この本能的な部分ですが、確実に相手の動いてくる、自分になにかをしてくる。

とゆうものは、人間誰しもが持ち合わせているものです。

どんなにモーションを消したとしても【近づいてくる】とゆう要素があるわけですので、どんなに早くても、人がものすごいスピードで近づいてきたら、誰でもかわしますが。

 

では、ケンカや、間合いの近い格闘技での局面では、どうでしょうか。

そもそも、ケンカでは、2メートル以上も相手と離れていることは、ありません。

離れたとしても、後ろの相手に後頭部を地面に落ちていた【大きな石(レンガ含む)】かなにかで、頭を叩き割られて終わりでしょう。

 

近距離では、先ほども書きましたが、

【0.05秒】あれば、攻撃できます。

人間が反応するのに必要な時間は、陸上競技などで言われていることですが。

【0.1秒以上】と言われており通常はかなり反応が早い人でも【0.2秒】とゆうことです。

つまり、【0.2秒】とゆう時間が人間が反応するのに必要な時間です。

ただ、反応するためには、脳が反応し、それを神経を伝って、筋肉に命令し、的確に動かないとならないので、陸上での【ヨーイドン】のそれよりも、さらに時間が必要になると思われます。

 

わたしは、攻撃の際に相手がこちらの攻撃に気づくまでの時間を

【1意識】

といっています。

わたしが勝手に言っているだけですが、子供らに空手の攻撃について説明する時などは、この【1意識】とゆう言葉をよく使っています。

相手がこちらの攻撃に反応して、動作に入るタイミングが【1意識】です。

 

つまり、この【1意識】以下のスピードと、タイミングで動作しないと、相手にこちらの攻撃は、捌かれてしまうわけです。

こちらから、攻撃を行う際に、なによりも大切なこと。

それは

【1意識以下】

のタイミング・スピードで攻撃すること。

 

これが、空手においてスピードがなによりも大切であると言われる所以であり、もっとも必要なことだと思っています。

わたしにとっての空手の最も大切なことの一つがこれです。

相手の【1意識】以下のタイミングで攻撃すること。

 

1意識以下のタイミング・スピードで攻撃するためには、どうしたら良いでしょう?

 

それについて、熟知している方々は、あまりわたくしのこのブログを読んでも、意味はないと思います。

初心の方などで、わからない方には、ぜひまた読んでほしいな、と思います。

 

ちょっと、いささかばかり、長くなりましたので、今回はこのあたりで、失礼いたします。

ですが、もし良かったら、ここまで読んでくださったら、ちょっと、もう上にたくさん書いてはあるんですが、

「こうすればいいんじゃないか?」

とゆうように、自分なりに、少しまた、考えてみていただけますと、嬉しいです。

読んでくださっている方で、そのようなことは、もうわかっているよ。とゆう方も、再度また考えてくださると、嬉しいです、もしかすると、新しい気づきが、あるかもしれません。

わたしも、常に考えています。

いつもの行っている、その場練習ですが、それをやるたびに、考えています。

空手は、半分は頭でやるものだと思います。

考えないと、強くなれないし、上手くなれないと思います。

 

では、このあたりで、失礼いたします<(_ _)>でわでわ

 

空手【隠されている本当の型】の使い方①「集団からの暴力などについて」「暴力の場面で生きてくる本来の型」

  空手【隠されている本当の型】①

 

こんにちは、こんばんは、せもっちです(。´ー`。)

みなさんは、桧垣 源之助先生の[隠されている空手]などは、お読みになられたことは、ありますでしょうか。

書中で書かれているように、現在行われている、伝統とされている空手には、本来の動作や空手の分解、といったものを[意図的]に隠している。

それは、空手のもとになる、沖縄から本土へ伝わる際に、本来の型の動作が、攻撃を受けた相手にとって、大変に危険であることなどもあり、本来の動作・分解ではない、異なった型の用法や、型そのものの動作を、かなり変更して本土へと伝えた、とゆう内容です。

 

隠されている空手、の本文の最初に書かれている説明では。

著者である、桧垣 源之助先生は、本土の空手の開祖である[船越義珍]先生の高弟である、[久保田紹山]先生から、直接、空手を指導され、長年にわたって勉強されたとのことですので、本土の特に[松濤館・空手協会]系列の空手にとっては、開祖にあたる方に直接、指導を受けた方といっても良いと思います。

 

沖縄から、空手を本土に伝達される際に、空手の本来の[型]の分解や、正しい動作などは、ほとんど隠されてしまい、ほぼ【失伝】といっても良い状態である、といっても良いようです。どうやら、【秘密協定】といったことが、本土に伝わる際に決行されたようです。

桧垣 源之助先生の【隠れされている空手】を読ませて頂いたのは、ずいぶんと以前になりますので、それから、自分自身での研究と合わせまして、いろいろな気づきもありました。

私自身、桧垣 源之助先生の、隠されている空手を、全て理解できているとは、まったく言えない状態であり、レベル的にも足りないともいえますが、自分なりにそれから十数年ほどですが、現行の全空連の空手を中心として、色々なフルコンタクト空手の道場や、ボクシング、キックボクシングなどもいろいろと勉強させていただきまして、気づいたことなどを、今回も含めて、これからもちょくちょくと、書いていこうと思っております。

 

まず、桧垣 源之助先生の【隠されていた空手】の本文に書かれていることや、自分の気づきも含めて、いろいろと自由に書かせていただこうと思います。

 

      ・実際の型の用法について・

まず、型では【平安二段】ですね。

平安二段の最初は、後屈立ちでの【上段上げ受け】【上段背腕受け】です。

これは、桧垣 源之助先生のご説明の通りです。

先生の型の分解の基本の一つに、

【前手は攻撃】

とゆうのがあります。

つまり、平安二段の最初は、前の手は攻撃になります。

用法としては、相手の上段への攻撃(パンチなど)に対して、後ろの手の【上段背腕受け】の手で受けます。

この時は、型の通りにする必要はまったくありません、普段の基本としての練習として、後屈立ちをとり、上段背腕受け、とゆう最も応用の利きやすい形を用いている、とゆうだけのことです。

実際には、後屈立ちではなく、前屈立ちで行います。

「ここは後屈立ちじゃないとダメなんだ!型でそうやっているから!」

とゆう考え方は、本来の型の用法に気づかないばかりか、遠のくばかりです。

後屈立ちは、自然に立っている状態から、相手の攻撃に反応し、重心を落とした瞬間の形を現しています。

そして、後屈立ちの前足が、スッと、相手の重心の真下あたりに差し込めれば、さらに良いと思います。

ただ、必ずしも後屈立ちになる必要があるかと言いますと、必要はないのでは、と考えております。

後屈立ちで受け、前屈立ちになりながら、攻撃する、では、1ではなく1・2・3の挙動となってしまい、相手がボクサーや、伝統派の空手家のように、一瞬でワンツーを出してきた場合、まったく間に合わないからです。

最初の後屈で受けるのがせいぜいで、前屈立ちになる際に、もう相手のツーの攻撃を、ガッツリと顔面に受けていると思われます。

さらに、本能的に激しい興奮状態になっている相手は、一発のパンチでは終わりません。ものすごいスピードで、その人のもっている身体能力の全てを使って、連続でパンチを打ってくるわけですので、たった最初の一発目のパンチを、後屈立ちになりながら、カッコよく受けたところで、間もなく二つ目、三つ目、四つ目、五つ目、の全力のスピードでのパンチが、あっとゆうまにドンドン来るだけです。

そして、後屈立ち、とゆう固定された立ち方になることは、いわゆる武道では禁忌とされる

【その場に居付く】

とゆう、最悪な状態になります。

全空連や、ボクシングなどを経験された方はみなさんお分かりだと思いますが、フットワークもなにもせずに、その場に居つくことは、なに一つよいことがない、とゆうことはお分かりだと思います。

特に、ただ何の考えもなしに、その場にドッシリと居つくのは、あまり良いことはないと思われます。

暴力・武力による対決、とゆうものは、お互いに

【ピストルを持って構えている状態】

とゆうようにも言えますので、ピストルを持ってただ立っていたら、どうなるのか、誰でもすぐにわかると思います。

いくら、俺はどんなに下段をくらっても耐えられるぜ、と言ってみたり、俺はいくら腹を全力で蹴られようと、なんともないぜ。

とゆう人でも、顎や鼻に全力の突きを受けたり、金的や喉、目。隠していた光物で、動脈・靭帯・神経を切られたり、ただ暴力・武力の場で、立っていることが、いかに危険であるか、すぐにわかると思います。

 

では、平安二段に戻りますが、前手は攻撃、とゆうことを考えますと、後ろ手は防御、とゆうことになります。

実は、【上段上げ受け】とゆう名前の受けを、何万回も、何十万回も、みなさん練習されてきたと思いますが、基本的に、この、上段上げ受けですが、まったくもって、

使えないです。

なぜ使えないのか?

みなさん、組み手で上げ受けをしたことが、ありますでしょうか。

あと、喧嘩を想定した練習をされたことが、ありますでしょうか。

できましたでしょうか。

相手のパンチを、組み手の際に【上げ受け】で避けたことが。

もちろん、基本一本組手のように「右上段いきます!」「押忍!」エイッ!

でしたら、かっこよく上げ受けなどしなくても、なにやっても、受けれますけどね、もう言っちゃえばもう、攻撃に合わせて、半歩横に移動するだけでいいんですが。

喧嘩の想定練習でさえ、相手に大降りのわざとに大きく振り回すように、ケンカパンチを放ってもらった場面でさえ、かなりゆっくりと、受けやすいようにパンチを出してもらわないと、とてもじゃないですが、上げ受けなど、使えないです。

なにしろ、自分の顔の上に向けて、相手の手を【跳ね上げる】わけです。

今まで、さまざまな格闘技の試合や、自分の経験・体験。総合格闘技を見たり、ボクシング・キックボクシングを見ましたが、上げ受けを見たことがありません。

そこで、上げ受けに非常に似た動きの受けが、型のなかにあります。

それが実は、平安二段の前手の【上段背腕受け】です。

さらにもう一つ、いや、探せば型のなかにもたくさんありますが、例を挙げますと

観空大の最初の【上段背刀受け】です。

とくに、観空大の上段背刀受け、ですが、これは実践的な受けです。

喧嘩を想定した練習をしてみるとわかりますが、相手のどんなパンチにも対応できます。

これは、武道的な直突きでも、喧嘩で使われるケンカパンチでも、格闘技的なフックに対しても、あらゆる手技による顔面への攻撃を、防ぐことができます。

組み手のなかで使われるような、パッとさばくような受け方は、喧嘩では、弱すぎて突破されてしまいやすいです。

そこで、しっかりと顔面からやや離れた位置で、ガッチリと受けないといけません。

その点、観空大などにみられるしっかりと、顔面から離れた位置で受ける受け方は、お互いに素手による顔面などの殴り合いの場面で、ものすごい強靭な受けの力を発揮します。

なにしろ、喧嘩の際には、相手がどんなパンチを出してくるのか、まったくわからないわけです。

武術的に、直突きをしてくるのか、喧嘩的なケンカパンチをしてくるのか、ボクシングのようにフックのように打ってくるのか、不明なわけです。

パッ、とさばくような受け方は、相手の攻撃がフックであった場合、相手の肘の部分にどうしてもこちらの受け手の手が当たります。

フックパンチは、こちらの真横方面からきますので、パッとさばく受け方では、受けそのものが軽いし、肘を受けても、そこから手が伸びてくるので、受け切れません。

なので、しっかりとした、肘を90度~100度程度に曲げたような、ガッチリとした受け方をする必要があります。

 

平安二段の最初の受けは、後ろ手を使って、このように相手の攻撃をしっかりと受けます。

ここで、型そのもののように、上段を受けようとすると、受けられません。

カッコよく上段受けなど、決まりません。

相手パンチが右なら左手で、相手パンチが左なら右手で、の上段背腕受け、もしくは観空大の上段背刀受け、で受けます。

それと同時に、反対の手の上段背腕受け、で攻撃します。

日本人は右効きの文化ですので、右で攻撃してくることが多いですので、相手の右手の攻撃を、左手で上段背腕受けをします。※確率的なお話です。

それとまったく同時に、ここで、平安二段の、さんざん、何百回・何千回、と練習してきた成果を発揮します。

受けたとまったく同時に、受け手の反対側の足を一歩だけ、前にスッと踏み出すと同時に、前の手で【上段背腕受け】をします。

この【上段背腕受け】は、相手の顎をめがけて受けます。

そうです、顎を狙って、前手の受けを出します。

つまり、攻撃です。

前手は攻撃。とゆうことです。

攻撃のほうの手は、縦拳よりも【手のひらが上を向く】裏拳の状態が良いです。

アッパーカットのような手の形になります。

全体的には、型では【壮鎮(そうちん)】のラストのほうの連続技のあとに、気合と同時に出す技がありますが、あの形が理想です。

※不動立ちによる、左手で上段をガードしつつ、右の上段裏拳の挙動です。ただ、頭の上から豪快に裏拳を出す必要はないと思われます。

まっすぐ相手の顎のほうに、自分の足が出て→それに伴って骨盤が回転して→骨盤が回るから同時に肩も回る、ついでに手を出す。骨盤・肩は意識してまわさないで、かってに足が進むから、その分あたりまえに動いてしまう。それに手をつける。

 

最初の体制は、お互いにニュートラルとします。

ニュートラルとは、お互いに正面を向いて、手や足などは自然体でも、並行立ちでもなく、なんとなくお互いに向き合っている状態とします。

この、お互いになんとなく向き合っている状態からの技こそが、もっとも自然な技といえます。

喧嘩の場面で、いちいち構えてられないからです。

この、喧嘩の場面でいちいち構えてられない、とゆうところなんですが、武術や格闘技をしている方々には、

「は??!別に相手がいたっていくらでも、フットワークもできるし、間合いだってこっちがいつも通りとって、こっちのやりやすいように、ど素人の相手をコントロールしてやればいいだろ??!!」

と、僕も思っていたことがありましたが、最近の考えでは、この考え方はやはり、道場やスポーツとしての格闘技の経験のみ、であるからである、と最近わかりました。

なぜ?

路上でのケンカとゆうものは、普段空手を練習し、自分を厳しくいさめるように指導を受け、こちらからケンカを売りつけたり、こちらから暴力を仕掛けたり、そうゆうことは絶対に許さない、とゆう指導を受け、こちらもそのように考えているから、その道場に通っている我々からすると、よほどのこどない限り、こちらから暴力を使うことはないわけです。

つまり、相手から、攻撃を、暴力をしかけてくるわけです。

こちらはもう数年・数十年、空手や格闘技を鍛錬しているわけですので、パッと見、弱そうには見えないことが多いと思います。

筋トレをやりこんで、ムキムキの方も多いと思います。

それでも暴力に巻き込まれます。

なぜ??

それは、相手が

一人ではないからです。

あきらかに、パッと見弱そうでもないこちらに、ケンカをふっかけて来るものは、基本的に集団です。

集団で、個人を圧倒することに慣れている者たちです。

わたしも、実は、そうゆう経験があります。

集団に対して、いくら多少強くても、個人では反抗してこないだろう。

そうゆう考えのものたちですが、なぜか、そのなかに数人は、そこそこ柔道をやっていたり、ケンカもそこそこ個人でやりこんでいたり、とゆうものがたいていは、含まれています。まあ、経験談もありますが。

 

では、その集団といざ暴力が始まりました。

どうでしょうか。

ゲームのように、Aが来た→Aを倒した→次はBだ→Bを倒した、ついにボスだ。

となりますでしょうか。

ならないんですね。

まず、囲まれます。

 

どうでしょうか。

 

フットワーク、いつもの得意のフットワークですが。

できますでしょうか。

 

前にいる相手が、こちらに攻撃をしてきそうだ、フットワークを使って後ろを下がった・・・

どうなりますかね。

後ろにも、もちろん数人いるわけです。

せいぜい、周りとの間合いはお互いに1m~2m(メートル)です。

フットワーク、できますでしょうか。

まあ、できなくはないです。

つまりまあ、後ろの人たちに向かって、

後ろ向きにゆっくり突進しているだけ

ですけれども。

つまり、フットワークはあきらめたほうが、賢明だと思われます。

 

そこで、いずれにせよ、こちらから攻撃を仕掛けた場合、こちらの武力がかなり上回っていれば、ガンガンいけば勝てる確率はかなりありますが。

それですと、法律的に【正当防衛】が成立しません。

つまり、一発目は間違いなく、相手から攻撃してこないといけません。

あわてなくても、間違いなく数分後には、相手の暴力は始まります。

どんなに間違っても

「仕方ねぇ・・・今回はやめといてやるよ・・・」

なんてことには、なりません。

相手の集団は、暴力で相手をめちゃめちゃにしたくて、もう、よだれが出ているのです。

集団で暴力を仕掛けてくる連中、とゆうのは、どんなことがあっても、

「仕方ねぇ・・・今回はやめといてやるよ・・・」

はありません。

どうしようと、どんなことをしようと、確実に、暴力が始まります。

まあ、集団の性的な暴力の場面を想定すれば、簡単にわかると思います。

集団による性的な暴力まあ集団レ○プですね、これ、途中で止まると思いますでしょうか。誰かが、「やっぱりやめないか・・・」と言ったとしても、もう火のついた若い連中が、止まるわけがない。

 

そこで、フットワークはだめ、話合いもだめ。

そして始まる、一方的な、絶対的な、絶対に逃れられない、逃げられない、集団からの暴力が始まります。※(経験談含む)

 

まず、相手からの最初の攻撃ですが、間違いなく防御しましょう。

そこで、変に格闘スポーツに見られるディフェンスはやめましょう。

たとえば、ジャブを交わすようなパッとした、払い。

払えません。

全体重を乗せて、打ってきます。

スウェー、まあ悪くはないですが、相手が第二・第三の攻撃につなげやすく試合では後ろに下がれますが、集団暴力の場面では、スウェーで華麗に交わしたあとに、スッと後ろに下がれません。

後ろにいる相手から、後頭部に全力のかかと蹴りでももらうだけです。

 

そこで、その場での受け技がどうしても必要になってきます。

その場での、強い受け。

その場での、確実な受け。

それが

【上段背刀受け・上段背腕受け】です。

 

もちろん、普段から練習せず、いきなり形だけやっても、弱い受けにしかならないので、突破されます。

やはり、必要なんですね、その技をしっている。

とゆうだけではダメですね、普段から、いつも練習しているからできる。

いつも練習してきたから、出せる。

うんざりするほど、鍛錬してきたから、できる強い受け。

いつもいつも、ただ、ただ、やってきたわけじゃない。

どうしたら、強く受けれるんだろう?

どうしたら、早く受けれるんだろう?

そうしてできていく、全身の使い方。

受け手・手首・肘・肩・肩甲骨・背骨・腸骨・股関節・ヒザ・足首・足の裏。

そういった体の要素。

そうゆうものを、集団に囲まれたなかで、しっかりでなくても良いです。

前屈立ちでなくても、後屈立ちでなくても、猫足たちでなくても、良いのです。

地面と繋がっている技、地面と受け手が少しでも繋がっている、そうしたいい受けは、おそらくほぼ確実に、相手の攻撃を防いでくれます。

 

そして、平安二段で言うと、上段背腕受け(のような形になっていれば良し)、で受けつつ、一歩(ほんの一歩です60センチとか、スネ+拳二つぶんとか言ってられません)、前に出つつ、前に出した足と同時に、顎にただ前の手を、前足を一歩踏み出すのに合わせて、まるで歩くように、フッと出すだけです。

もちろん、スピードは必要です。

具体的には、受けたときのスピードそのまま、受ける時に同時に一歩前に出て、ついでに前に手を出すだけです。もちろん、相手の顎に出します。

空手の本来の技は、全て

【交差法】

で成り立っています。

なので、よくあるような

「こう受けてから・・・」「こう受けたら・・・」

「こう返す」

とゆうのは、本来の空手の【交差法】の概念から外れています。

交差法は、あくまで

相手の攻撃を受けると同時に、こちらの攻撃が決まっている。

のが本来の空手です。

なので「こう受けてから、こう反撃します」。

とゆうのは、間違っています。

 

平安二段を今回は、例としましたが、桧垣 源之助先生の本にも、同じようなことは書かれていますが、この度は、わたくし個人の考え方も多く含めました。

わたくし個人が、経験してきたことや、わたくし個人が毎日毎日、繰り返し練習してきたことで、気づいたことなど、そういったことも、含めています。

 

わたくしは、いつも、毎日必ず【その場基本練習】を行いますが、その場基本では、必死に汗だくになって練習する時には気づかないことを、気づきます。

必死に汗だくになって練習することは、絶対に必要ですが、気づきがなかなか訪れません。訪れるのは、体がいつのまにか理解したことです。

いつのまにかできていたこと、これは必死に必死に練習して見に付いたものなので、間違いなく本当に価値のある、素晴らしいことです。

ですが、その場基本練習を、いつか、やりこんでほしいと思います。

必ず、良い気づきがあると思います。

「なるほど、腰を全力でひねってから、その一瞬のねじりを使って突けば、突きが突き終わるまでには、腰はまたニュートラルな正面向きに戻っていて、すぐにまたニュートラルな状態から何度でも最速のスピードで突けるんだな」。

こうゆうようなことも、初心のうちは、ただひたすら型を繰り返し反復しても、理解できません。

その場練習をやりこんでいると、わかります。

たとえれば、空手協会の中達也先生の、腰の切り方ですね。

ナイハンチをやってみせて下さっている動画がありますが、全ての動作で、まず腰を瞬間的にきって、そのねじりの力を使って技を出していますが、技一つ一つが、目に見えないほどに早いですが、技が出し切る一瞬前には、もう腰は元のニュートラルの位置に戻っています。

そうゆう動作も、その場基本をやりこまないと、なかなか理解できません。

わたしは、こういった中達也先生のような、腰を切ってスピードを出すような技の出し方がすきですので、そうゆう練習方法をとっています。

 

      ・上げ受けについて・

今回、上げ受けについてのお話が多かったですが、書き忘れておりましたので書きますが、つまり、上げ受けとゆうのは【攻撃】ですね。

あんなダイナミックなことをして防御をしようとしても、むりです。

決まればカッコイイですけれども、それからどうするのか、とゆうことです。

あと、上げ受けの際には、基本移動でも、慈恩の型でも【けん制】とゆう動作が入りますが、あれはみなさん、どうお考えでしょうか?

わたくし、ある程度の答えが出ております。

最近よく見かけますのは、けん制で相手の腕をつかんで、上げ受けで肘を折る、など最近よく見ますけれども、ケンカや暴力の場で、そんなことできますかね?

相手が、肘をしめた武術的な突き方をしてきたなら、ある程度有効かもしれませんがね。

※ただ、格闘技・武術経験者は基本的に、突きのあと瞬時に引くので、突きの手をつかむのは、まさにもう【神業】です。

基本的に怒りに身を任せた人間とゆうのは、脇も肘も、締めないので、けん制で相手のパンチを奇跡的につかむことができても、上げ受けで、外向きの相手の肘を、折りに行ったとして・・・うまく逆間接になってますかね?

うまいこと、相手のつかむことができた肘は、伸びてますかね?

肘を下から突き上げることしかできないので、相手の攻撃した手の、手の平が上を向いている状態でなければ、上げ受けで逆間接を決めることは、できません。

また、そのことについても、書かせて頂こうと思っております<(_ _)>

 

ちょっと、どうにも今回、熱が入りすぎ、8000字を超えてしまい、飽きられてしまうと切ないですので、本来の型について、第一回とゆうことで、いったん失礼しようと思います。

では、失礼いたします。<(_ _)>押忍!

 

 

 こちら、今回のブログでもご紹介させていただきました、桧垣 源之助先生の著書です。

隠されていた空手―「型は教えても手は教えるな」の謎を解明する

隠されていた空手―「型は教えても手は教えるな」の謎を解明する

 

 わたくし、まだまだ理解できてませんが、本来、沖縄から伝わってきた空手とゆうものが、どうゆうものであったのかなど、非常によく勉強させていただきました。

これからも、空手の隠されている本来のものにしっかりと目を向けて、勉強させて頂こうと思っております<(_ _)>押忍

 

空手道【立つとゆうこと】背骨をまっすぐにするとはどうゆうことか②【背骨をまっすぐ立てるとは?②】(図あり)

   ・空手道【立つ】とゆうこと②・

 

こんにちは、こんばんは、せもっちです。

前回、立つ、とゆうことについて①を書きましたが、どうでしたでしょうか。

なぜ、背骨を立てないといけないのか?

とゆうことなんですが、背骨を立てる、まっすぐにする、とゆうことは、地面から出る威力【力】をまっすぐに、拳に伝えるためです。

通常、背骨は【S字カーブ】を描いてつくられています。

これはなぜか?

と言いますと、地面からの衝撃を吸収するためです。

つまり、背骨は普段、なるべく地面からの力を直接、体や内臓、脳などに移動時などに衝撃を伝えないように、【S字カーブ】を描いているわけです。

もし背骨が普段からまっすぐだったら、歩いたり、走ったりするたびに、体全体・内臓・脳などに、とてつもない衝撃が加わり、走るたびにとてつもない衝撃を感じることになります。

そのために、普段、背骨はゆるやかにS字カーブを描いています。

※その証拠として、わたくし、だいぶもう10年かそこら以前になりますが、普段歩く時も、武術的な観点から、背骨を立てるように、仙骨を入れて道路を歩いたり、などして生活したことがありますが、結果として、地面からの衝撃を背骨がもろに受けることとなり坐骨神経痛となり、二週間ほど、まともに歩けなくなりました。

 

では、なぜ空手では、武術では、背骨をまっすぐに立てるのか?

それは、地面からの衝撃を、直接、体全体、主に骨格を通して受け止め、拳へと伝えるためです。

 

そのために、あごを引いて頚椎を立て、胸を張って胸椎を立て、腹を締めて腰椎・仙骨を立てます。

それによって、普段【S字カーブ】を描き、地面からの衝撃を逃すように作られている背骨を【まっすぐに直立させ】、地面からの力を直接、ダイレクトに拳に伝わるようにします。

 

    ・前屈立ちの時、ただ立った場合・

f:id:sakuratei2570:20180328030846j:plain

ご覧のとおり、首の骨は前方に湾曲し、胸椎は後方湾曲、腰椎・仙骨(腸骨全体)が前方湾曲、とゆう形となっております。

この状態ですと、スポーツ的な観点(組手など)では、背骨などにクッションが効いている状態なので、背骨や神経系を痛めることもなく、かつ、スムーズに移動できるわけですが、実際に攻撃を相手にぶち当てた際、衝撃を吸収されてしまうわけです。

そこで、地面からの衝撃力を逃がさないために、背骨をまっすぐに立てるわけです。

打撃の衝撃力を相手に100%伝える、とゆうことが、敵対する相手を打倒するさいに、最も大事な要素の一つとなります。

せっかく相手に打撃を加えることができても、もし、地面がツルツルの【氷】・【スケートリンク】のようにツルツルだったら、衝撃力は、相手にほとんど伝えることはできず、いわゆる【手打ちパンチ】・【ペチペチパンチ】とゆう状態になります。

【クイ】で打ち込まれたような衝撃力を発揮するためには、地面からの力を、100%、拳へと伝える必要があります。

そのためには、背骨をまっすぐ立てる必要があるのです。

 

   ・背骨をまっすぐ立てた状態の図です・

f:id:sakuratei2570:20180328033148j:plain

このように、背骨をまっすぐに立てる必要があります。

そして、足の裏を地面と密着させます。

足の裏がしっかりと地面に噛み付いた状態でなければ、いくら背骨だけがまっすぐでも、意味がありません。

そもそも、地面からの力をしっかりと体に使えているかどうかは、地面をしっかりと足の裏が、つかんでいる必要があります。

それを、ただ、やれ「腰を回せ」だの「腰を入れろ」だの、「引き手をしろ」だのといくら言っても、しっかりと地面からの力を使えてない場合、ただ、人形の腰をひねっているのと同じです。

ただ、地面からの力を使わずに、腰だけ必死にひねっても、引き手を必死に引いても、とくに意味はないのです。

スポーツで、ボールを早く投げるなら、それで充分でしょう。

ですが、自分よりも大きい質量を破壊しなければならない、暴力の場面・抗争の場面・生き残るために武力を使わなくてはならない場面、などでは、そのようなスポーツ的な力の出し方では、相手が自分以上に体重があり、屈強である場合、自分は結局は、いくら一生懸命に何度も打撃を加えても、無力となります。

 

ただ、背骨をなんとかまっすぐに立てることができても、まだまだ武術的な完成には至らないようです。

それは、格闘技・空手・武術において、相手に打撃を当てた際に、100%の威力を発揮できたとしても、相手にそれを当てることができなければ、まったく意味がないからです。

そして、背骨を立てるだけでは、100%の威力を出すことはできません。

それはなぜか?

じつは、地面からの威力を拳に乗せるためには、ものすごくたくさんの【骨格・間接・靭帯・腱・骨・筋力(大きい表層筋)・深層筋(インナーマッスル)】の長年にわたるトレーニングも必要とするからです。

 

わたくし、これからも、長きにわたって、そういった技術も紹介できる限り、していこと思っております。

わたくし自身もまだまだ未熟であり、まだまだとてつもない、深い深い武術・武道・空手道・格闘道のはるか長い道のりの途中の者ではありますが、自身で理解できる範囲で、これからもご紹介していこうと考えております。

 

それでは、今回、このあたりで、失礼いたします。

では、今回の稽古を終了いたします。失礼いたします<(_ _)>押忍っ!!