せもっちの空手ブログ

空手などのことを中心にブログを書いていきます。

空手[形・上達法]①・初心者向け

空手[形・上達法]①・初心者向け

こんにちは(*^_^*)

ずいぶんとしばらくぶりの更新になり、失礼しました。

なにやら、見てくれている方もいらっしゃるようで、なかでも、初心者向けのものをよく、拝見されて頂いているようですので、書かなきゃな、と思い、書いております。

 

形の上達についてですが、これは、一概になんとも言えないものがあります。

まず【競技用の形】であるのか??

それとも、沖縄古来のものを追求したものであるのか?

など、いろいろな分別も出てきます。

 

僕としましては、基本的には全空連系の形を中心として、少年時代にはすこしだけ中国武術の形を勉強したり、極真さんに勉強に行っていた時期もありましたが、やはり、全空連の形のお話が、中心になってくると思います。

 

では、【競技用の形】の上達法(自分なりの)。

①体軸をまっすぐ立てる(姿勢が良い)。日本武道では姿勢が悪いことは、もうすべてダメです。

➁とにかくスピードを出す。やはり、どうしても同じようなことをするわけですので、違う形にしても、同じ【騎馬立ち】があり【前屈立ち】・【後屈立ち】などは基本的には、ほぼ同じものですので、なにで決まるのか?

となりますと、やはりスピードが最も大きい要素となります。

➂目つき

目つき・眼付き、とゆうものですが、空手の形の世界チャンピオンの【喜友名】選手などはすごい目をされますね。

あのような、迫力のある目つきができることで、【本当に今、敵と死ぬ気で戦っているな!】とゆうように感じますし、やっている本人も、すごく力が入ります。

毎回、本当に敵を意識して、全力で練習することで、実際にスピードや力や迫力もつきます。

④立ち方

【騎馬立ち】【前屈立ち】【後屈立ち】など、基本の立ち方がありますが、基本的にはこの3つが大きいです。

そして、流派によっては、【猫足立ち】【三戦立ち】などもあります、猫足立ちはかなりの練習が必要ですが、三戦立ちは、そんなに難しい立ち方では、ないかと思います。

ただ、しっかり立つ、とゆうことを意識しないで、形だけそのような立ち方、にするとまったくダメになっていきます。

とにかく、しっかり立つ、とゆうことです。

➄腰を入れる・引手をとる。

形では、重要なのは、手よりも先に腰が回転することです。

とにかく、本当に大事なことです。

まず腰!

腰を全力で回転させて、その勢いを利用して、突きを打ちます。

その際、腰は柔らかく使わないとだめです。

腰と引手を、全力でとり、その勢いを利用して、全力の逆突きを行います。

この体の使い方は、武術的であるのか、スポーツ的であるのか?

どちらであるかといいますと、僕は、武術でもあり、スポーツでもある、と思います。

スポーツ的な体の使い方である、とゆうのは、腰を先に回転させる、とゆう部分です。

野球でボールを投げる際と同じように、手が先に回転すると、ボールは遠くへ飛びません。野球でバットを打つ時、腰がまだ回転してないのに、バットだけを振り回しても、強く触れません。

野球でバットを振るには、先に腰を強く回転させる必要があります。

サッカーでも同じではないかと思います。

まず足を踏み込み、上半身のネジリを使って腰を回転させ、最後の最後に、ためにためた足を振り回すことで、ボールはものすごい勢いで飛んでいくわけです。

これを、空手の形で、やるわけです。

まず思いっきり、腰を回転させる、とゆう部分ですが、これは野球でいうところの、ボールをの投げる時の腰の回転、サッカーの蹴る前の腰の回転と同じ要領です。

引手は、それこそ、誰がみてもそうです。

野球でピッチャーがボールを投げる時に、片手だけ振り回しても、ボールは遠くへと飛びません。

左手を大きく振り回してから、上半身をネジり、腰をひねり、最後の最後に、ためにためた右手を、全力で回転させて、ものすごいスピードでボールを投げるわけです。

これと、まったくもって、同じことをやるわけです。

武術的であるか、スポーツ的であるか?

これはもう、武術だし、スポーツでもある。

とゆう感じでしょうか。

テレビのサッカーの試合などを見て、サッカーの選手が、思いっきりボールをける前に、【思い切り手を振り回して】から、ボールを蹴っているのを、ご存じでしょうか。

本当に遠くへと蹴りたい場合、選手は思い切り手を振り回して、反動をつけます。

つまり、上半身を使います。

実際に蹴るのは、右足なのに、思いっきり左手を、全力で回転させています。

その後、腹をねじり、腰を入れて、最後に蹴ります。

このように、実際に蹴る、とゆうことは、足なわけですが、上半身が非常に大切だとゆうことが、わかると思います。

空手以外にも、色々なスポーツなどから勉強できることも、たくさんあります。

ぜひ、いろいろなスポーツを見て、知って、勉強されてみてください。

とくに、野球、サッカーは、勉強になると思います。

サッカーのボールの蹴り方は、本当に強く、鋭く蹴ります。

ムエタイ選手の蹴り方に、近い蹴り方だと思います。

全身の伸びを使っています。

 

⑥頭・腰・肩などの高さが変わらない。

形の競技では、最初に始まってから、終わりまで、ずっと、同じ頭・腰の高さをキープしなくてはいけません。

もちろん、観空などの立ち方【レの字立ち】や、慈恩などの【閉足立ち】、足を交差させる、【交差立ち】などもあり、この中では、【レの字立ち】・【閉足立ち】はもちろん、立つわけですので、頭・腰も高くなります。

このような例外もありますが、基本的には型の最中は頭・腰の高さが変わってはいけません。

 

【その他】気を付けること

①キョロキョロしない。

よく、視点が定まってない、とゆう感じで、キョロキョロしちゃう人がいます。

形の最中は、集中し、敵と戦っているんだ!

とゆう迫力を出さないと、必ず負けます。

➁ユラユラしてる。

立ち方が安定していません。

そのような場合、手がまず、ユラユラしています。

立ち方が安定していないので、いくら手を安定させなさい!

と怒っても、だめです。立ち方を安定させないと、どうにもなりません。

体幹部分を強くすることから、始めたほうがよさそうです。

基礎体力トレーニングは、現代の伝統派空手には、絶対に必要です。

腕のような、木でいえば、【枝】にあたるような部分は、あまり太くなるくらいに鍛えては、型選手の場合、あまりよくありません。

とにかく、足腰、腹・背中などの体幹をしっかり鍛えることです。

それによって、足腰や立ち方が必ず安定し、ユラユラはとまると思います。

➂蹴りの時、猫背になる。

これは、体幹が弱いとゆうことと、【柔軟性】が足りてません。

柔軟体操をしっかり行ないます、とくに【前屈運動】(空手の前屈立ちではなく)をたくさん、ゆっくりと、あまり勢いをつけずに、ゆっくりと呼吸をしながら、毎日30秒行ってください。どうせなら、柔軟運動をしていない場合、開脚も開かないですので、開脚などいろいろやりましょう。一つ、ゆっくりと30秒、リラックスしてやります。

 

アゴがあがっている

アゴが上がっている選手もよくいます。

アゴは上げてはいけません。ボクシングなどの格闘技の世界で、アゴが上がった状態で戦った場合、最近の亀田vsホストの人の戦いのを思い出してしまいますけども、まさにもう「あごパッカーン系」とゆうように、アゴだけは、なにがあっても、格闘技やケンカ、闘争の世界では、上げてはいけません。

 

➄回転するところで、いちいち猫背になる。

どうしても、これは意識的に、できたら鏡を見ながら、強制していかないといけません。回る時は、かかと重心の人は、そんなには猫背にならない傾向にありますが、つま先重心の人は、どうしてもつま先に重心がいき、ヒザが前に出るせいか、猫背になります。

これは、なんとか回数や、意識をすることで、何年もかけて、修正していかないといけません。

回転するところで、いちいち猫背になるのは、けっこう目立ちます。

頭や腰の高さも変わるので、かなり減点になります。

回転のスピードも落ちます。

 

では、[形・上達法]①・初心者向け編でした。

どんどん頑張りましょうっ!

失礼いたします(*^_^*)╱

 

全空連の技術をフルコンタクト空手に使う①

全空連の技術をフルコンタクト空手に使う①

全空連の技術をフルコンタクト空手に生かすには、どうすれば良いのか?

といったことを考えてみようと思います。

※僕の、このブログで書いていることは、全空連もフルコン空手もどちらも素晴らしいものだ、と認めている方々にしか、おすすめしませんm(_ _)m

 

まず、全空連の空手の特徴としましては、とりあえず簡潔に考えてみますと。

 

全空連の空手の特徴】

 

①とにかくスピード

②組手ではフェイントも重要なので、フルコン空手に生かせるようなフェイント技も あるのではないか?

➂遠距離(基本的に遠い間合いからの攻防になります)

④特殊な蹴り技が存在する

全空連独自の基本技・基本練習をいかしていく

 

全空連の空手の特徴としては、今回はこの5つに絞って考えてみようと思います。

 

一方でフルコンタクト空手の特徴も考えてみます。

 

フルコンタクト空手の特徴】

 

①スピードも大切だが[パワー]などを使った、攻撃が当たってからの押し込みも大切。

➁フェイント技はもちろん多彩。だが、全空連のものを取り入れることも可能ではないか?

➂近距離中心(スピードのある選手では離れて戦うアウトスタイルの方々もいます)

④特殊な蹴り技はもちろん多彩にあります

フルコンタクト空手にも厳しい基本がありますが、異なる面もあります

 

といったフルコンタクト空手の特徴などとの比較なども考慮し、いろいろと考えてみようと思います。

 

今回考えていくことは、全空連の技を、フルコンタクト空手で生かすにはどうしたら良いのか?

といったことですので、どちらが上である、下である、とゆうものではありません。

 

まず①の【スピード】。

一般的にわたくし個人の意見ではありますが、どちらかというと、全空連系のほうがスピードではやや速い展開で、組手が行われているのではないかと思います。

もちろん、フルコンタクト空手もものすごく早い選手もいます、僕のなかでは「成嶋龍」や、マッハ蹴りの「塚本徳臣」選手などはすごいな、と思います。

しかし、どちらかというと、多くの選手は接近してどんどん押していくようなスタイルが多いように思います。

なぜ接近してどんどん押していく選手が多いのか?

となりますと、やはり、判定の時に、相手にどんどん押された場合よりも、相手をぐいぐい押していったほうが有利だからだと思います。

あと、遠距離は蹴りをお互いに当てやすい「蹴りの間合い」ともいえると思います。

全空連のように【飛び込んでの突き】は顔面が有効ではないですので、どうしても、あまり意味がなくなってしまいますので、遠距離においての攻防は、蹴り主体になるのではないかと思われます。

もちろん、蹴られやすい間合いですが、こちらも蹴りを当てやすいので、いちがいに不利とゆうことではないと思います。

 

全空連のスピードを生かすにはどうしたら良いのか?

とゆうことですが、やはり、フットワークを取り入れることが全空連の選手にしてはやりやすいかなと思います。

少しでもフットワークを入れることで、重心が高くなりますので、実際に攻撃を受けた場合、【体を絞める】動作が遅れるかもしれませんが、やはりスピードをいかした戦い方をしたい場合、フットワークを入れることになると思います。

もちろん、基本通りの【すり足】によるものすごく早い展開、素早い攻防とゆうものも素晴らしいと思いますが、フットワークの利点も色々あると思われます。

【フットワークの利点】

フットワークをすることによって、相手にこちらの重心の中心をとらえることを難しくさせる効果があります。

ローキック(下段回し蹴り)の際、どちらの足に重心が乗っているのか?

などを見極める必要があると思いますが、フットワークを使うことで、前後左右に常に動いていることになるので、なかなか100%の威力でローキックを命中させることは、難しくなると思います。

間合いは【遠距離】型になり、全空連の選手としては、どちらかといえば有利な土俵といえると思います。

ただ、やはりフットワークを使って、逃げ回っているような形になってしまっては、まったく意味がありません。

そこで、フットワークを防御や回避のみでなく、攻撃にも利用していく必要があります。

うまいやり方としては、フットワークを使って、うまく相手の攻撃を外して、カウンターの要領で攻撃を当てていく、とゆう方法です。

相手の下段回し蹴りを、スッとかわし、素早く攻撃に反転する、とゆう使い方です。

もちろん、相手のほうが体重も圧力もある場合、すぐに攻撃のあと、フットワークを使って間合いを取る必要があります。

フットワークからの攻撃、とゆう流れがうまくできない場合、ただ逃げているような形になりますので、判定になってしまうと負けてしまうと思われますので、フットワークを使って、捌くだけでおわらずに必ず反撃することが大切でしょう。

 

フットワークを使うことで、フットワークそのものがフェイントにもなります、前後移動や左右ななめ移動をいれて、間合いをつねにキープすることが大切です。

運動量的にどうしても増えますので、スタミナが高いことも必要です。

フットワークを使うなら、普段から【縄跳び】を5分×3セット、週3くらいは走り込み、などの訓練も並行して行っていき、フットワークをしても、簡単には疲れないような持久力は必要です。

普段の組手練習の時から、フットワークからの捌きや反撃の練習もかかせません。

 

①のスピードについては今回はこのあたりにしますm(_ _)m💦

 

➁【フェイント】を使ってみる

フェイント技となりますと、やはりまずはフットワークを使うことだと思われますので、ほぼ①で書いてしまっている、と思われます。

あとは、突き技においては、全空連では一つの突きが決まるだけで、それで勝ってしまう可能性も多いにありますので、フェイントをうまく使って1ポイントとれたらだいぶ大きいですが、フルコンタクト空手では、一つ一つの突きよりも、手数のほうが大事なように思いますので、手によるフェイント技は、あまり、そんなには意味がないのではないか、と思います。

フルコンタクト空手で怖いのは、やはり上段への蹴り技となるでしょう。

どうしたら上手く上段蹴りを当てることができるのか?

とゆうことが、フェイントのテーマになってくると思います。

ただ、いきなり蹴っても当たるわけもないですので、うまいこと突きや蹴りのコンビネーションのなかに、スピードのある蹴り技を含めたり、もうそのあたりはフルコンタクト空手の世界でも研究されてますので、僕の全空連の技術では、うまい【これならフルコンタクト空手でも使える】といえるような全空連特有のフェイントからの蹴り技は、ないです(;´・ω・)💦

まあ、それは、ないですよね、これを使えば上段を蹴れるよ、なんてのは、まあ、まず、ないですよ、それは(;´・ω・)💦

とくに、フルコンタクト空手の選手は、しっかり常に上段を両手で守っている選手が多いです。

全空連では、両手を下げて構えることも多いですので、これはもう、なかなか。

 

➂【遠距離】型のアウトスタイルで戦う

これも、やはり全空連の選手としては、離れて戦うためにも、フットワークを使うべきでしょう。

ボクシングにおいても、離れて戦うアウトボクシング型の選手は、基本的にはフットワークを使っています。

ベた足でアウトスタイルで戦うとゆうのも、なかなか難しいことですので、やはりフットワークを使って、とにかく動くことでしょう。

フットワークを使い、うまく空いている中段や上段など、蹴りで入っていく。

とゆうスタイルになると思いますが、結局はずっと離れて戦うことは、フットワークからの最初の一撃でKOする以外、必ず【近距離戦】になるわけです。

どんなに遠くから蹴っても、蹴りが当たったにせよ、躱されたにせよ、いずれにせよ、蹴り終わった時点でもう、接近距離になっているわけです。

ずっと離れて戦うことは、不可能でしょう。

遠距離から、フットワークを使って、フェイントも使って、とにかくスピード重視で、蹴っていき、蹴り終わったらまた間合いをとる、とゆうのが理想だとは思います。

相手に一撃も当てさせず、こちらだけが攻撃を当てて、またフットワークでかく乱し、みたいな漫画っぽい展開は、無理だと思ったほうが良いでしょう。

中段から上段への変則蹴りなども、フルコンタクト空手の世界では、もう誰でもできるくらいの基本技です。

まあ、フットワークをうまいこと、使って、なるべく相手の攻撃をもらわないように、なるべくこちらの手数を相手に当てていく、とゆう戦い方になると思います(;^_^A💦

 

④【特殊な蹴り技が存在する】

 

全空連の特有の蹴り技、とゆうものは、存在していると思います。

フルコンタクト空手でいうところの【胴回し回転蹴り】にあたるような、全空連特有の蹴り方。

1・【裏回し蹴り】

回し蹴り、とゆう蹴り方が存在します。

ひと昔前はなかったんですが、突然流行し、今は小学生でもものすごいスピードで上手に蹴ります。

わたしは当初、この蹴り方はいったいどうやったら蹴れるんだろう?

とゆう疑問をずっともっていました。


決まると超かっこいい上段裏回し蹴り【スロー再生】

 

今は裏回し蹴りのやり方は、ずいぶんと慣れましたが、なかなかややこしい技です。

上の動画での回し蹴りを拝見して頂けたら、わかりますが、空手の基本技である【後ろ回し蹴り】とは違う技になります。

後ろ回し蹴りのように、1回転せずに、前足か後ろ足だけで、正面を向いたまま、後ろ回し蹴りのような蹴り技を出します。

コツとしては、そのまま横蹴りのように、持ち上げて蹴る方法と、いったん相手の顔面の横のほうに【突きこむような回し蹴り(前蹴りに近い)】を蹴り、蹴ったあとに引く、【引き足の動作の際に、相手にあてるような蹴り方】、の2種類があると思います。

この動画では、フルコンタクト空手の選手から見ると、軽い技だな、と感じるかもしれませんが、体重のある選手が、この技は相手を倒してしまわないように、わざとに足の裏や、足の裏の指の部分をあてていく技になりますが、蹴り足を、「くの字」にまげて、かかとで【蹴りぬく】ようにすると、おそらく、フルコンタクト空手でも使える技になると、自分では考えており、普段からも全空連式に、足先を伸ばして、足の裏で蹴る練習と、足首を曲げて、かかとで[蹴りぬく]蹴り方の2種類を分けて練習しています。

このように、一つ目が【裏回し蹴り】を[かかとで蹴りぬく]とゆう技になります。

 

あと一つが松久功選手の得意技【さそり蹴り】です。


松久選手伝説のさそり蹴り 元 全日本空手チャンピオン

 

こちらは全空連のトップ選手、全空連では知らない人はないくらいのレベルの、全空連の神様松久選手のさそり蹴りです。

こちらも、もしかすると、パッと見は、軽い蹴りに感じるかと思いますが、全空連では相手を倒してしまっては、せっかく尋常ならざるスピードと技術をもった相手に、あてた攻撃が、反則に終わってしまうわけですので、しっかりと技をキープする必要があるわけです。

こちらの動画では、あまり威力的なものは、わかりにくいかもしれませんが、この蹴りを実際に松久選手が、【相手を倒してもいい】とゆうルール内で、蹴りぬいた場合、かなり怖いと思います。

ななめ下から、全体重を持ち上げるようにして蹴り上げる、さそり蹴り。

これもなるべく【かかと】を相手に打ち抜くように蹴るべきでしょう。

さそり蹴りのポイントとしては、あまり動画からはわかりにくいと思いますが、かなり近距離の技である、とゆうことがあります。

回し蹴りをスカした場合、普通蹴りにつなげるとしたら、後ろ回し蹴り・後ろ蹴り、につなげると思いますが、かなり思いのほか、もう突きしかできないような近距離になってしまった場合、この【さそり蹴り】をカカトで蹴りぬくように使う、とゆう方法も、不可能ではないんじゃないかな、と思います。

 

➄【全空連の基本技・基本練習を生かしていく】

全空連では、基本移動が基本になると思います。

極真空手さんなどでも、かなりしっかりと基本移動稽古を行っているのを、わたし自身も体験させて頂いております。

異なる面といいますと、全空連では、とにかくスピード、腰を低く、といったところをよく注意されますが。

極真空手さんでは、むしろしっかりと重心をコントロールすることや、技の重さを大切にしているのだな、と自分は思いました。

 

・基本練習においてもとにかく【スピード】を重視する。

・【腰を低く】とゆうところを重視する。

 

基本練習の時点で、全空連がいかにスピードを重視しているか、わかると思います。

やはり、全空連の選手が最も重視して練習してきた、スピードをいかして戦うスタイルが良いでしょう。フルコンタクト空手の選手が全空連の道場で、早いスピードを重視した基本移動稽古や、型稽古を体験してみて、得るものもあるのではないかと思います。

 

とにかく早く動くうえに、「腰を低く」腰がどうしてもキツくなってくると、上がってしまいますが、腰が高くなることは、型の競技において減点ですので、かなり厳しいです。前屈立ちはしっかり前足を曲げる(深く)、後屈立ちはしっかり後ろ脚を曲げる(深く)といった【形(かたち)】を大事にします。

これによって作られる、古い武術的な、足腰から出てくる力やスピードとゆうものも、ばかにできません。

全空連の空手のとにかくスピードを速く、とゆう基本稽古方法を、体験してみるのも、なにか得るものがあるのではないかな、と思います。

反対に、全空連の選手は、フルコンタクト空手の重さを重視した動きを体験させてもらうのも、良いことだと思います。

 

わたくし個人の考えとしては、「遠距離」が得意な全空連と、「近距離」が強いフルコンタクト空手の、お互いに良いところをお互いにとりいれる、とゆうことは、お互いにどちらも沖縄発生の【空手】なわけですので、良いことなんじゃないかな、と思います。

どちらも同じ、空手である、とゆうことを忘れずに、仲良くできるのが一番だと思っております。

 

では、あまり結論のようなものも、出てもないですけれど、このあたりで

全空連の技術をフルコンタクト空手に使う①】を、失礼します(^ ^)/

 


空手ランキング 

空手【引手】について考えてみる

 空手【引手】について考えてみる

空手の引手について、考えてみようと思います。

 

最近、沖縄の山城先生youtubeなどの動画で拝見しましたけれど、引手を腰に引く理由が、わかりやすく説明されておりましたので、ご紹介をかねて、自分なりにも少し考えてみようと思います。

 

山城先生のご説明ですと、引手を腰にとるのは、どうゆうことかといいますと。

まず、引手を胸の高さにとる流派もあります、引手を胸の高さにとると、体軸の回転は、肩甲骨の回転が主体になります、つまり、体軸の腹から上の上半身のさらに上半分を使うような形のなります。

それにたいして、引手を腰にとると、肩甲骨ではなく【骨盤】ごと回転させることになります、それはつまり、【腰から上すべての重心を使っての攻撃】とゆうことになります。

攻撃の重さとゆう観点でいえば、肩甲骨だけの回転よりも、腰から上の上半身すべての回転力を使ったほうが、よりつよく、より重い攻撃ができることになります。

引手を胸にとった攻撃は、【胸から上の重心を使った攻撃】となり。

引手を腰にとった攻撃は、【腰から上の重心を使った攻撃】となります。

 

さらにつけくわえますと、引手を腰にとることによって、骨盤が回転するわけですので、腰を使った攻撃が自動的に行うことができます。

もちろん、下半身が安定していないと、腰の回転力が抜けてしまいますので、しっかりとした強い下半身が必要です。

下半身が弱い、安定していないとゆうことは、攻撃の際に、フワフワのスポンジの上に乗っかって、一生懸命にパンチをしても、たいしたダメージを与えることはできない、とゆうことと同じことです。

ツルツルのスケートリンクや、氷の上でパンチをだしても、ダメージをあたえるどころか自分がひっくりかえってしまうのと、同じです。

 

【引手】の使い方について

引手の使い方について、考えてみます。

 

引手を使った空手の攻撃は、よくボクシングなどでは【テレフォンパンチ】といわれます。「思いっきり引手をとって、腰をひねってから突くパンチなど、当たるわけないだろう?」とゆうものです。

たしかにその通りです。当たるわけがありません、普通に叩きにいけば、当たることはなかなかないと思います。

ですが、この【腰に引いた手を、思いっきり腰を回転させ、思いっきり引手をとり、思いっきり全身全力で突くパンチ(正拳突き)】を、ほぼ100%当てる方法があります。

 

それは、「空手に先手なし」の先人のお言葉に、すべて含まれているかと思います。

つまり、空手の型は必ず受けから始まります、受けた時の姿勢はどうなっているでしょうか。

受けた時の姿勢は、必ず【半身】になっています。

そして、反対の手は腰に引いています。

この時の相手の姿勢は、攻撃を捌かれ、攻撃したほうの手の脇が空いています、ここに

さきほどの【思いっきり腰を回転させ、思いっきり引手をとった】たっぷりと重心の乗った攻撃を叩きこむのです。

 

ただ、この攻撃は、やはり現代の格闘技では、使用するのは難しいでしょう。

無理ではありませんが、格闘技の試合では、難しいと思います。

これは現代格闘技でいえば、いわゆる【カウンター攻撃】にあたります。

空手に先手なし、ゆえのことだと思われますが。

つまり、現代格闘技では、相手を[一撃で倒す]。

とゆうことは前提ではなく、少しずつダメージを与えて、判定だろうとなんだろうと、とにかく最終的に【勝利】する、ことが前提になっているために

【ジャブ】けん制攻撃

とゆうものが主流だからです。

ジャブは攻撃のあと、すぐに戻してしまいます。

ここでジャブを捌いたあとに、すぐにカウンターの腰の入った正拳突きを行っても、なかなか入りません。

もう相手はそこにはいないからです。

ジャブとほぼ同時にツー[ストレート]を打つパターンもあります。

その場合も、回転の速度の関係で、打ち負けてしまいます。

 

そこで、どうすれば当てれるのか?

これは現代格闘技でいえば、相手がこちらを[倒しにきたパンチ]にあわせることです

「ここで全力のパンチを出せば倒せる」と相手が思ったときに、その全力のパンチをさばき、腰の入った正拳を当てることです。

もちろん、なかなか簡単なことではありません(;^_^A

 

ただ、これはルール上の安全性のある、格闘競技上のことであり、実際の闘争の現場では、やはり先に「激怒のあまり手を出してくる相手」がチマチマとジャブを打ってくるとは考えられにくいですので、実際の闘争の現場で、あくまでリアルでの有効性、と考えるべきかと思います。

もちろん、ボクサーや格闘技経験者で、こちらの実力をみるために、軽いジャブを出してくる可能性は、現代では少なくないと思いますが。

相手が本当に激怒していた場合は、おそらく全力のパンチがきますので、それを捌き、空いている脇や顔面に、正拳を当てる、とゆうことになります。

 

しっかりと腰を回転させ、引手をとった全力の攻撃、とゆうものは本当にとてつもなく強い攻撃ではありますが、現代のルールのある格闘技の世界では、なかなか使うのは難しいのかな、とゆうように、わたくしは考えてしまいますが、いかがでしょうかね。

 

f:id:sakuratei2570:20170518002242j:plain

ただ、昔ながらの、動物的な本能的な、狩りにも近いような闘争の現場【暴力の現場】においては、この【半身で受けて、その反発力を使って、腰と引手を使った全力の攻撃で対応する】とゆうのは、有効だと思います。

本能的な暴力の現場では、やはり全力の倒すパンチを振り回しあうのが、普通だと思われるからです。

 

では、このたび【引手】と、その使い方について考えてみました。

 

失礼いたします(^^)/

 

にほんブログ村 格闘技ブログ 空手へ
にほんブログ村 

 

 

【日記】最近の空手+筋トレ日記①

【日記】最近の空手とウェイトトレーニング

にほんブログ村 その他スポーツブログ 筋トレ・ウェイトトレーニングへ
にほんブログ村 

f:id:sakuratei2570:20170517222219j:plain

 

 

とりあえず、現在のウェイトトレーニング日記のほうは、こんな感じです。

【ベンチプレス】6セット(1、2セット目ウォームアップ)MAX100kg6回。

デッドリフト】4セット(ウォームアップあり)MAX120kg。

【プレス(両手)】4セット50kg10回くらい。

【サイドレイズ】4セット

【アップライトロウ】3セット

【ベントオーバーロウ】4セット70kg10回くらい。

【ツーハンズカール】6セット20kg→30kg→40kg(チーティング有)。

【リストカール(バックハンドも)】4×4セット。

【アブ(腹筋)系】腹筋台を使用して4セット。アブマシンで4セット。

【レッグエクステンション】マシンを使用して5セット。

 

このあたりでしょうか。

けっこう、ガクガクになってます(;´・ω・)

 

空手のほうは、道場練習[週2]+自主練習[週2]+ストレッチと柔軟体操とその場基本【立ち方・突き・蹴り】などは毎日やるようにしています。

突きは

【正拳】300回

【下突き】100回

【鉤突き】100回

でだいたい合計500回ほど。

正面で50回→右を向いて50回→左を向いて50回。とゆうようにやっています。

 

蹴りは

【前蹴り】30回

【回し蹴り】30回

【横蹴り】30回

【ひざ蹴り】20回

【うち回し蹴り】20回

【そと回し蹴り】20回

【きざみ回し蹴り】10回

【裏回し蹴り】10回

と200回くらい毎日柔軟にあわせて、蹴っています。

しっかり抱え込んで蹴る蹴り方10回→スピードを出して、スナッピーに素早く蹴る蹴り方、とゆうようにやっています。

しっかり抱え込んで蹴る蹴り方を、ウォームアップのようにしていますが、抱え込みがないと相手の肘やひざを蹴ってしまったり、良いことがありませんので、抱え込みの練習は欠かさないようにしています。

 

もともと、筋トレがとにかく大好きなもので、しばらく、ここ10年ほどは、技術練習ばかりやりましたので、これからは大好きな筋トレをたくさんやろうと思っています。

 

では、最近の【空手+筋トレ日記】でしたが、失礼しますm(_ _)m

 

にほんブログ村 格闘技ブログへ
にほんブログ村 

腹筋を鍛えよう!

    腹筋を鍛えよう!!

 

腹筋を鍛えるとどうなるのか??

f:id:sakuratei2570:20170511020645j:plain

腹筋を鍛えると】

 

①打たれ強くなる!

まず、とにかく腹を叩かれても大丈夫になります。

これは、伝統派の選手もそうですが、フルコン空手の選手には、欠かせないトレーニングだと思われます。

 

➁カッコイイ!!

あまり、戦闘能力とは関係ないと思われますが(;'∀')

やはり、ぷより~んとした腹よりも、6パック(6個に腹筋が割れている状態)のほうが、やはりカッコイイでしょう!

 

➂蹴りが早く!強くなる!

僕は以前まで、あまり腹筋と蹴りは関係ないと考えていたころがありましたが、今はまったく逆です。

むしろ、足よりも、腹筋のほうが大切であるとさえ考えております。

 

なぜかといいますと、蹴り足を引き上げる際に使う筋肉は、足も使いますが、大腿四頭筋の上部の付け根の腱の部分が主だったものです。

それよりも、両足を地面に寝転がって持ち上げたりしてみるとわかりますが、なによりも腹筋が重要であることが、よくわかると思います。

そうです、蹴りで最も重要なのは、蹴り足を持ち上げる【腹筋】なのです!

そして、実際に蹴りこむ時も、腹筋が強いほど、より攻撃を相手に【めり込ませる】ことが可能になります!

つまり、より強く、より重たい蹴りを出すことができます。

伝統派の空手家の方々は、より重たい蹴りは必要ないですが、強い腹筋によって、よりスピーディに蹴り足を持ち上げ、よりスピーディに蹴ることが可能になるわけです。

 

④突きが強くなる!!

腹筋が強くなることによって、より突きが強くなります!

腹筋はどうゆう役割をもつかといいますと、【体軸】を強くする役割をもっています。

強い腹筋で、強い体軸を手に入れると、その強い体軸で、より強い攻撃を繰り出すことができるわけです!

伝統派空手においても、威力は関係ないようにも思われる方もいると思いますが、形競技においては、攻撃の強さは非常に大切な採点のポイントになりますし、組手競技においても、攻撃が強いとゆうのは、相手にとってはかなり圧力になります。

実際に叩かれなくても、強い攻撃はすぐにわかります。

とてつもなく、早く強い突きを顔面にガツーン!バチーン!と寸止めされると、もう戦闘力の違いを感じずにはいられません。

 

➄攻撃そのものが強くなる!!!

自分の【体軸】が強くなるとゆうことは、自分の体の中心に、電信柱のような、太い木のような、そんな強く、太いバーが体のなかに入っているのと同じことです。

体軸が弱いとゆうことは、体の中心の軸が、弱いフニャフニャなコンニャクが入っているのと同じです。

いくら腕だけを太くしたところで、軸がフニャフニャでは、強い攻撃はできません。

 

⑥自信がつく!!

とくにフルコン空手では言えることですが、腹筋が弱いと、「腹を叩かれたらいやだな」とゆう気持ちがあると、どうしても、強く攻撃に出れません。

こちらが強く攻撃すると、やはり相手もそれにあわせて、強く攻撃してくるのが基本だからです。

もちろん、こちらの気持ちなどおかまいなしで、ガンガンくる方も多いでしょうが、最初は様子見とゆうか、お互いの力の確認のように、いきなり全力で飛ばすとゆうことは少ないと思われますが。

そこで、腹をいくら叩かれても大丈夫だ!

となりますと、いくらか自信がつき、「こっちもガンガンいくから、そちらもガンガン来て大丈夫だ」と言わんばかりに、どんどんいけるわけです。

とにかく、腹が弱いと、腰は引けてくるし、良いことはないでしょう。

 

腹筋では、【腹直筋(6パックになる部分)】以外にも、腹の脇側の、【内・外腹斜筋】などで、腹の横側も鍛える必要もあります。

横側を鍛えることで、突きや蹴りの際の【ひねる】力が強くなります。

回し蹴りなどは、ひねる力が弱いと、ただ足を当てるだけのようになってしまいますが、腹をひねる力が強いと、まったく違う威力の蹴りを放つことが可能になってきます。

そのように、蹴りではとくに、腹を使った蹴り方をマスターする必要もあります。

 

 

同じように、伝統派空手では、腰の回転や肩などの使い方のほうが、大事な感じがしますが、フルコン空手では腹筋を使って、相手に体軸ごと倒れるように突きこむ感じによる突き方が、大切になってくると思います。

もちろん、空手は【一人一流派】と言われるくらい、攻撃のしかたも、防御のしかたも、それぞれみな違うものですので、フルコン空手の選手でも、腹よりも腰の回転力で突く方も多いと思いますが、腰の回転力にあわせて、腹も強ければ、より攻撃は強くなるわけですので、腹筋が強くて悪いことなど、一つもないと思われます。

 

結論【腹筋はめちゃくちゃ大事だわ!】

 

では、失礼いたします(^^)/

にほんブログ村 格闘技ブログ 空手へ
にほんブログ村


空手ランキング

柔軟性を高めよう!!①【どんな良いことがあるのか?】

柔軟性を高めて、柔らかい体になる!!

f:id:sakuratei2570:20170508024246j:plain

柔軟性を高めることによって、どんな良いことがあるのか?

 

①より高い位置を蹴ることができる!

※ただ蹴れるだけでなく、今までギリギリだった位置(高さ)を楽々蹴れるようになる。

 

f:id:sakuratei2570:20170508024552j:plain

 

②蹴りの際に、上半身を倒さなくても、上段を蹴れるようになる。

※股関節の柔軟性がないと、上段を蹴る際に、どうしても上半身を倒さないと蹴れません。骨盤を倒すことによって、開脚だけで上げることのできる限界値よりも、高い位置を蹴ることができますが、動作が大きくなってしまうので、ばれやすくなります。

 

➂型などで、姿勢を保ったまま、蹴ることができる。

型を行う際に、前蹴りなどの時に、股関節が固いとどうしても猫背になってしまいます。それは型の試合などでは、かなり大きいマイナスになります。

股関節が柔らかいと、猫背にならずに、そのまま姿勢を伸ばしたまま、スッと蹴ることができます。

 

④組手において、相手にバレるモーションを少なく蹴ることができる。

組手に際に、蹴る時にいちいち体を後ろに倒したり、横に倒したりしていては、すぐにバレてしまいます。

体を倒してから蹴ってしまうクセがあると、どうしても蹴りは入らないと思います。

 

➄楽に蹴れる。

※今まで、なんとかグッと力を入れて蹴っていた上段蹴りが、楽々スッと蹴ることができるようになります。

基本移動などで、蹴りがつらいと思いますが、柔軟性を高めると、蹴りの移動の際などでも少しだけ楽になるかも、しれません。

 

⑥ケガの予防

※相撲などで、力士は負けると土俵の上から落とされます。

その際の衝撃力はかなりのものらしく、体が硬いと大けがをすることもあるそうですが、力士は体が頑丈なだけではなく、柔軟性も高いために、捻挫や骨折など、重大なケガをしにくくなっているそうです。

空手においても、転倒や、なにか色々と体に衝撃が加わることが、たくさんありますが、柔軟性がないとすぐにケガをしてしまいます。

 f:id:sakuratei2570:20170508024641j:plain

 

➆技が伸びやかになる。

※体が硬い人とくらべて、体が柔らかいとやはり、技がのびのびしています。

突きも、肩関節周りが硬い人、肩甲骨の動きが悪い人、股関節が硬い人、膝がガチガチの人など、やはり柔軟性を普段から高めている人のほうが、のびのびと動くことができます。

股関節だけではなく、肩まわりや、ひざ、腰、肘や手首や、足首、アキレス腱などを、普段から伸ばしてやっていることで、ケガも防げるし、技がのびのびと出せます。

 

⑧型が上手になる。

※股関節がとくに大切ですが、股関節が硬いと、移動する際にスムーズに動けません。

そして、立ち方が変です。

しっかりと、股関節を開いて、ヒザを張って立たないとならないわけですが、股関節が硬い人には、そもそも股関節をひらいて、ヒザを張って[騎馬立ち][前屈立ち][後屈立ち]などの基本の立ち方をやる際にも、股関節が硬いと、かっこ悪い立ち方になります。

立ち方をいつも、しかられている場合には、まずは柔軟を毎日やってみることが必要です。

股関節が硬いと、良い立ち方はできません。

股関節が柔らかくなり、良い立ち方ができるようになると、姿勢を伸ばしている時もより楽になり、蹴る際にも、移動する際にも、よりスムーズに、より無理なく、より早く技を出すことができます。

 

➈頭もやわらなくなる。

※体が硬いと、頭も固い。昔からそういわれているそうです。

自分なりに科学的な根拠のようなものを考えてみますと。

体が硬くなっている人は、日ごろから無理をしていたり、疲れがたまったままの状態でいつもいるわけですので、そんな状態で、柔らかい良い発想を生み出したり、良い対人関係を作ることは、難しいのではないかな、と思います。

 

➉疲れがとれる。

体を柔らかくすることで、固まった日頃の疲れをとることもできます。

柔軟体操や、ストレッチを行うと、体の代謝がよくなり、血流もよくなり、回復速度があがります。リラックス効果もあり、日ごろ疲れて交感神経が活発になっている人も、ゆっくりとリラックスしてストレッチや、柔軟体操を毎日とりいれることで、疲労回復にもなり、ストレスの回復にも役立ち、交感神経がおちつき、リラックス時になる、副交感神経が優位な状態になり、よく眠れるとゆうことです。

 

⑪健康になる。

体の筋肉を伸ばし、血流が良くなり、リラックス状態である副交感神経優位な状態になり、ちょっと道路や階段で足首をひねったりしても、捻挫もしにくく、道路で転んで手をついたときにも、普段から手首のストレッチを行っていれば、手首の捻挫もしにくくなります。

転んで、腰などを打った際にも、普段から腰まわりや、股関節のストレッチや柔軟体操を行っていることで、股関節の脱臼や、骨折などの予防にもなります。

より、長生きできる、可能性を高める効果もあります。

高齢者の場合、道路での転倒などの骨折の場合、そのまま寝たきりの状態になる可能性が非常に高いです。

 

若いから大丈夫と思わず、若いうちから、柔軟体操などを毎日行うことで、老後の自分の健康を守ることができるのです。

そして、空手をがんばることで、足腰をしっかりと若いうちから鍛えて、今でいうところの【貯金ならぬ貯筋】をがんばりましょう。

せっかく年金をもらえるようになったとしても、寝たきりでは意味がありません。

がんばりましょう、健康!柔軟体操!空手!!

 

そのように、ストレッチや柔軟体操で、体を柔らかくすることを日々、毎日行うようにすることで、空手の技術の向上だけでなく、健康や、長生きにもつながってきます。

 

肩がこっている人は、肩回りの筋肉が硬くなっています。

肩甲骨まわりの筋肉が弱っていたり、硬くなっているのです。

その場合、マッサージだけでなく、ストレッチもしっかり行うことが大切です。

 

腰がすぐに痛くなる人は、股関節や腰まわりの柔軟性や、筋力が落ちています。

股関節が硬くなると、どうしても腰は痛くなってきます。

ちょっとしたことで、ギックリ腰(魔女の一撃とも)にもなります。

 

  結論 【柔軟性は大切!!】

 

では、失礼いたしますぞ(^^)/

 

にほんブログ村 格闘技ブログ 空手へ
にほんブログ村 

全空連[組手上達法]①(初心者向け)逆突き編

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

全空連の組手の上達法①【突き】

全空連ルールの空手の、組手の上達法を考えていこうと思います。

 

わたし自身の空手の知識や実力が、中級程度ですので、初心者向けのものをやっていこうと思います。

全国大会レベルの方などは、あまり意味がないのではないかと思いますので、もっとハイレベルな記事を書かれている方のものを、お探しになられたほうが、良いかと思われます。

 

        【構え方】

 

まず、対戦相手の実力がわからないことが多いと思いますので、構えをしたのほうに構える構え方もありますし、ほとんど手が完全に下のほうに、下がって脱力しているような構え方もありますが、やはり、初心の方~中級のレベルの方々は、自分もそうですが、しっかり前手で上段を守り、後ろ手で中段を守る、基本の構え方をとって、普段からも練習するべきだと思われます。

 

大会では、相手の間合いの距離感なども、身体能力もわかりませんので、いきなり遠間から【高速上段突き】などが、まったく気が付かないうちに、飛んでくることもありますので、やはり、前の手はある程度、しっかり上段に構えておいたほうが安全です。

 

中段に構えた後ろ手は、案外、相手からすると、中段を突きに行く際、もしくは中段を蹴りに行く際など、思いのほかじゃまに感じるものです。

せっかく中段に蹴りがきまっても、中段に手があるおかげで、後ろ側にいる審判から見た場合など、「入ったように見えたが、手にあたっているかもしれないな」とゆう可能性もあります、その場合、旗は上がらない可能性があります。

もちろん、本当にうまいこと、手に相手の攻撃が当たることもあると思います。

その場合、旗はあがりません。

相手の攻撃に反応できた場合も、すぐに上段なら前の手を、中段なら、後ろの手で、捌きに行くことも、容易なわけです。

 

        【攻撃】

攻撃についてですが、これは、いくら手を振り回しても、

【腰や肩がしっかり入っていて、かつスピードがある】

攻撃でなければ、いくら入っても、永遠にポイントになりません。

いくら頑張っても、お互いに顔や、中段に入っているのに、ポイントにならない、審判の誰も旗を上げる気配がない。

ような時は、

【腰がはいってない】【肩が入ってない】【スピードがない】

とゆう可能性が大きいです。

手だけで「エイッエイッ」とやっているちびっ子たちを、よく見ますけれど、「それでは、鼻血も出ないよ・・・」とゆう攻撃をお互いに繰り返しています。

でも、スピードもいまいちで、力強さもいまいちだけど、しっかり【腰が入っている】【肩が入っている】状態で、全身を使って伸びやかに突いていると、旗が上がることもあります。

なぜかといいますと、しっかりと腰が入り、肩も入り、全身を使って突く突きは、スピードがなくても、攻撃を実際にうけると、かなり【痛い】からです。

そして、全身を使って行う攻撃は、身体能力的に、あまりスピードがない者の場合でも、腰の回転などに引っ張られる力が発生するので、それなりにスピードもでます。

逆に、スピードだけあっても、手だけで突いている場合もあります。

その場合、ただ手を早く動かしているだけであり、ただ手を動かすだけの突きなので、

実際に受けても痛くなく、それは見ている審判の方もわかりますので、ポイントになりません。

では、どうしたらいいのでしょうか。

 

         【攻撃でポイントを取る】

実際に攻撃で、ポイントをとらなければ、勝つことはできません。

お互いに0-0で判定の場合もありますが、できればポイントがほしいところです。

 

【しっかり腰を入れる】【しっかり肩を入れる】【スピードを出す】。

の三つをしっかり守りましょう。

さらに。

【攻撃がきまる際に気合を出す】【引手をしっかりとる】【相手をしっかり見る】

【引手にあわせて半身(横向き)に素早く戻る】

などなど、色々な要素が入ってきますので、なるべく守りましょう。

 

とりあえずは、このあたりを守って練習していけば、ポイントがとれるように、なるのではないかと思われます。

ルールは年々と変わっていきますので、細かい部分が変更されることもありますが、だいたい大きな基本的な部分は変わらないと思いますので、がんばりましょう。

とにかく、がんばるしかないと思います。

 

【ポイントを取るための練習法

実際にポイントを取るためには、とてつもない練習が必要になってきます。

その際には、ただひたすら突いていても、なかなかポイントになる突き方はマスターできません。

【(半身で)中段に構えた後ろ手を】→【相手の上段へ突く(正身)】→【腰に戻す(半身)】。

以上のことを、徹底的に反復してください。

そうすれば、ポイントをとることができるでしょう。

もちろん、【腰を入れる】【肩を入れる】【全身で突く】【全速力で突く】。

とくに、【全速力で突く】とゆうことは、さんざん練習しないと、スピードがつきませんので、毎日やりましょう。

毎日毎日、来る日も来る日も、【腰を入れる】【肩を入れる】【全速力で突く】といったことを守って、道場練習のほかに、自宅などで100回は右、左と両方練習しましょう。

構え【半身(横向き)】→攻撃【正身(前向き)】→【半身(横向き)】に戻る。

 

なかなか、基本練習が多いような道場では

【実際にポイントを取るためだけの練習】

とゆうのは、なかなか行いません。

なぜかというと、やはり、空手とゆうものは、昔かたぎのタイプの方々が多いとゆうこともありまして、【基本が最も大事】【基本をやっていれば全て大丈夫】。

とゆうことになっているからです。

それでは、どうしても、なかなか【勝つ】テクニックを集中的にトレーニングしている道場には、勝てない場合が多いと思います。

【勝つ】テクニックをたくさん練習しているところは、先生が、大会用の練習を中心にやってきた方で、好成績を上げている場合が多いと思われます。

 

僕の考えですと、まあ、頑張って練習していれば、勝たなくてもいいんじゃないかい。

 

とゆうこともあるんで、良いんですけども。

 

基本を一生懸命練習する。大きな声を出して練習する。一生懸命に突く、一生懸命に蹴る。一生懸命に立ち方を下げる。一生懸命に引手をする。一生懸命に汗を出す。

 

それで、いいんじゃないでしょうか。

 

世界大会で勝てるのは、世界でたったの一人だけです。

 

ただ、それでも、どうしても、勝ちたいのなら、自分なりの、勝つためのテクニックを模索する必要があります。

勝つ、とゆうことを主題にして練習している道場は、あまりないように思います。

どうしても、最初は基本、中級も基本、最後まで基本。

とゆう道場が過半数ではないでしょうか。

 

とりあえず、やってみてください。

毎日、毎日、来る日も来る日も、【腰・肩を入れて】【全速力で】逆突きを。

逆突きがしっかりできれば、刻み突きも、簡単にできるはずです。

逆突きは、突く時、全速力で、手が見えないくらいのスピードで打ちますが、手を腰に戻す時も、全速力で行ってください。

足幅は、実際の組手の現場と同じように、広めにとります。

突く時、猫背にならないように、気を付けてください。

引手をとる際にも、猫背にならないように。

日本武道では、猫背は絶対に厳禁です。

構えている時は、重心を中心に、突く時は重心は前足に。引き手と同時に重心を戻す。

突いた時に拳は止まらずに、即座にひきます。

攻撃の際、体軸が傾かないように。

ひざは柔らかく使います。

手だけでなく、腰の回転のスピードを上げていきます。

重心の前後を素早く。

手が動いたと思ったら、もう突き終わって、引手をしている、くらいのスピードで。

構え時は半身で、攻撃時は正身で、引手に合わせて半身に戻る(徹底的に繰り返す)。

 

では、せもっちの空手上達法【初心者向け】逆突き①

 

このあたりで、失礼いたしますm(_ _)mアディオース