せもっちの空手ブログ

空手などのことを中心にブログを書いていきます。

空手について【全日本空手道連盟(寸止め形式)】【フルコタクト空手(直接打撃性)】考えてみる② 


空手ランキング 

せもっちです、よろしくお願いしますm(__)m

今回は空手の話の第2回になります、第1回は私の経緯のような形になりましたが、

第2回はさらに現在の私に近づいてくることになります。

やはり、フルコンタクト空手の大会に出る、とゆうことになりますと、寸止めの経験が多い自分には、やはりどうしてもかなりの恐怖が襲ってきました。

YOUTUBEなどで顔面を蹴られて圧倒的な戦力差を見せられ、KOされたまま動かないような、そんな動画もよくありますが、あの大の字でKOされてるのが大会に出た時の自分ではないか・・・とゆう気にもなってきます。

そのように、フルコンタクト空手の選手は、本当に骨を折られたり、顔面をガッチリと蹴とばらされて意識を失ったり、そんなことを覚悟して、死ぬような気持ちで舞台へと上がってくるわけです。フルコンタクト空手の試合に出る、とゆうのは、実際にやるのが自分自身であり、もう逃げられない。殴り合い、蹴りあいをボコボコになるまでやるんだ・・・とゆう絶望に打ち勝てなくてはならないのです。

今回だけでも、なんとか見送らせてくれないだろうか・・・そんな気持ちになるほどの恐怖です。僕は全空連ではすでに3段になりますが、フルコンタクト空手の大会に参加するのは初めてのことになります。

では、全空連の大会は、そんな恐怖はないのか?とゆうと実はそうでもないのです。

自分よりも圧倒的に上手く早い選手に当たった時は、まず負けを実感します、どうしても勝てない、相手のほうが確実に早い、何もできない、そんな絶望があります。

あと、国体などでは、メンホーとゆう面をつけますので、顔面のダメージはまだ緩いですが、学生の部は軽いタッチでも反則になったりもしますが、一般の部は、思いっきり顔面を打たれても、よほどのことがない限りは、相手のポイントです。つまり、かなり痛い思いをします。国体以外の選手権大会では、メンホーをつけません、つまり、直接どんどん顔をものすごいスピードで叩かれます。反則にはなりません。全空連はスピードがすべてと言っても過言ではないでしょう。なので、選手はそんなにガチガチに力んだパンチや蹴りはしてきませんが、とにかく速いのです。そして、全空連の選手は基本や型をしっかりやりこんでいますので、速いだけではなく、重いのです。

そうゆう恐怖が全空連にはあります。

しかし、顔面をフルコンタクト空手のように、打ち抜くことはありません。

それは反則になります。

なので、ある程度、安全は確保されていることになります。

【試合に出場】とゆうことの恐怖度、でいえば、どうしてもフルコン空手ではないでしょうか。と私個人は思います。

                                 ②続く

にほんブログ村 格闘技ブログ 空手へ
にほんブログ村